パク・ソジュン、映画「パラサイト 半地下の家族」特別出演に喜び“光栄だった…チェ・ウシクは家族のような存在に”

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
映画「使者」の主演パク・ソジュンが、映画「パラサイト 半地下の家族」に特別出演した感想を伝えた。

26日午前、ソウル広津(クァンジン)区ロッテシネマ建大入口(コンデイック)店では映画「使者」制作報告会が開催された。演出を担当したキム・ジュファン監督と主演パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファンが出席した。

この日、パク・ソジュンは「『パラサイト 半地下の家族』に出演できて大変光栄だった。特別出演をして意味深いが、だからといって僕が特別な感情を持っているというよりは、ただ良い作品に出演できて光栄だと思っている。ポン・ジュノ監督に心から感謝する」と伝えた。

一方、今回俳優チェ・ウシクが「使者」に特別出演して活躍する予定だ。パク・ソジュンはチェ・ウシクについて「チェ・ウシクとは離れられない関係になった。昨日も会った。もう家族になった気がする。今後も互いに良い影響を与え、一緒に成長していきたい」と普段からの親交を伝えた。

「使者」は、格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)が、エクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、世の中を混沌とさせる強力な悪に立ち向かうストーリーを描いた映画だ。韓国で7月31日に公開される。

記者 : キム・ナラ、写真 : キム・ソンジン