「悲しいとき愛する」チ・ヒョヌ&パク・ハンビョル、2ショット初公開…ビジュアルカップルの誕生を予告

TVREPORT |

写真=DK E&M
「悲しいとき愛する」チ・ヒョヌとパク・ハンビョルの“ラブリー”なツーショットが電撃公開された。

8日、MBC新週末ドラマ「悲しいとき愛する」(脚本:ソン・ジョンリム、演出:チェ・イソプ、ユ・ボムサン)側は、ロマンチックな魅力が引き立つチ・ヒョヌとパク・ハンビョルの姿を盛り込んだスチールカットを公開した。

チ・ヒョヌはドラマで、愛に関して限りなく献身的で、この世に存在しないような欠点のない男ソ・ジョンウォン役を演じた。パク・ハンビョルは、誰もが羨む現代版シンデレラだが、自分の前に押し寄せた冷静な現実を前に、徐々に疲れていく魂の持ち主ユン・マリに扮し、熱演を繰り広げる予定だ。

公開された写真の中で、チ・ヒョヌとパク・ハンビョルは顔を寄せてツーショットを撮って、視線を惹きつけている。ワイングラスを片手に持っているパク・ハンビョルの輝く美貌と、チ・ヒョヌ特有の優しい笑顔が印象的だ。

一目で見ても、ロマンチックな感性を自然に醸し出す二人が、どのような理由で甘いツーショットを完成させたのか、関心が高まる。

「悲しいとき愛する」制作陣は、「格別な“ビジュアルケミストリー”はもちろん、繊細な感情演技など、ディテールな部分に至るまで、二人の俳優の共演は想像以上だ」とし、「1から10まで、ぴったりの相性を見せ付けるチ・ヒョヌとパク・ハンビョルが描いていく激情ラブストーリー『悲しいとき愛する』に、大きな関心と期待をお願いします」と明かした。

「悲しいとき愛する」は、愛はありふれているが、真実の愛は難しい時代に、真実の愛を見つけていく男女の激情ラブストーリーだ。愛に失敗した人々の2回目の愛を通して、視聴者に真実の愛の意味を伝え、欲望を秘めた人々と、追って追われる危うい関係を通して爽快で劇的な面白さをお届けする。

韓国では、23日の午後9時5分から放送スタート。

記者 : パク・グィイム