チ・ヒョヌ&パク・ハンビョル&リュ・スヨン&ワン・ビンナ「悲しいとき愛する」に出演決定!2019年2月から放送スタート

OSEN |

写真=MBC
2019年2月に放送スタートするMBC週末特別企画ドラマ「悲しいとき愛する」がチ・ヒョヌ、パク・ハンビョル、リュ・スヨン、ワン・ビンナを主人公にキャスティングし、本格的に制作に入った。

MBCが来年2月、「神との約束」の後番組として放送する「悲しいとき愛する」(脚本:ソン・ジョンリム、演出:チェ・イソプ、ユ・ボムサン)は愛は多いが、本当の愛は見つけにくい時代に真の愛を求める男女の恋愛ドラマだ。愛に失敗した人々の2回目の愛を描くことで視聴者に本当の愛の意味を伝えるドラマで、秘密の欲望を持った人々のきわどい関係を通じてドラマチックな面白さを演出する予定だ。

多数の作品でどんなジャンルでもこなせる優れた演技力を見せてくれた俳優チ・ヒョヌが、欠点のない男性で整形外科の院長ソ・ジョンウォンを演じる。前作「死生決断ロマンス」を通じて恋に落ちたらあぶなくなる男性を愉快に描いたチ・ヒョヌは、今回、人生で2回目で最後の愛のために自身を投げかける危険で切ない純愛を披露し、視聴者の心を掴むと期待される。

「ボーグマム」を通じてユニークな魅力を披露したパク・ハンビョルも、今回は正統派恋愛ドラマの主人公を演じる。パク・ハンビョルは、星のような目を持つ賢く美しい美術家で財閥の嫁であるユン・マリ役を演じる。ユン・マリは、不幸な家庭環境で育った美術専門の学生で、偶然出会った財閥の後継者の粘り強いアタックで、皆がうらやむ現代版"シンデレラ"の道を歩むことになる。だが、結婚後、夫の暴力と抑圧に疲れ、脱出を決心し、チ・ヒョヌ演じるソ・ジョンウォンに出会って本当の愛に目覚める。

ユン・マリの夫カン・イヌクには、これまで男性的な演技で特別な存在感を発揮してきた俳優リュ・スヨンが選ばれた。カン・イヌクは彫刻のような目鼻立ちとすらりとした身長、ハーバードのMBA出身であり経営能力まで備えた完璧なスペックを誇る財閥家の跡継ぎだが、手に入らない妻ユン・マリに執着し、毒が入り混じったひどい愛でドラマの緊張感を高める人物だ。

長い間ジョンウォンを愛してきたが、自分のものにすることができず、その愛と欲望で結局破局を迎えるチュ・ヘラ役には、善と悪を行き来し、強いキャラクターと安定した演技で視聴者から愛されてきた女優ワン・ビンナが選ばれた。チュ・ヘラは飛行機事故で幼い頃親をなくし、ソ・ジョンウォンの親によって育てられ、ジョンウォンと兄妹のように育ち、ジョンウォンを愛する人物だ。ジョンウォンの妻ハギョンが死亡した後、彼を手にする機会が来たと思ったが、偶然に現れたマリがジョンウォンの心を揺さぶり、葛藤する。

新しい週末特別企画ドラマ「悲しいとき愛する」は、このように優れた俳優らの出演と共に「アヒョン洞の奥様」「神と呼ばれた男」「チャクペ~相棒~」「ミス・リプリー」「あなたなしでは生きられない」「レディの品格 」など、様々な作品を通じて興味をそそる演出を見せてくれたチェ・イソププロデューサーが演出を、「女の秘密」「ミス・アジュンマ~美魔女に変身!~」「緑の馬車」などを執筆したソン・ジョンリム脚本家が脚本を手がけ、期待を高める。

「悲しいとき愛する」側は、「チ・ヒョヌ、パク・ハンビョル、リュ・スヨン、ワン・ビンナまで、説明の要らない実力派俳優らが『悲しいとき愛する』で集まった。2019年を華やかに開く恋愛ドラマ『悲しいとき愛する』を楽しみにしてほしい」と語った。

MBC新週末特別企画ドラマ「悲しいとき愛する」は2019年2月、「神との約束」の後番組として放送される予定だ。

記者 : ユ・ジヘ