放送終了「悲しいとき愛する」パク・ハンビョル&チ・ヒョヌ&リュ・スヨンが迎えた結末とは

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「悲しいとき愛する」放送画面キャプチャー
「悲しいとき愛する」チ・ヒョヌとパク・ハンビョルが危機を乗り越えて幸せな結末を迎えた。リュ・スヨンは自ら命を絶った。

27日に韓国で放送されたMBCドラマ「悲しいとき愛する」では、カン・イヌク(リュ・スヨン)がユン・マリ(パク・ハンビョル)の目の前で自身の頭に銃を構える姿が描かれた。

カン・イヌクはユン・マリに「僕を本当に愛したのか」と彼女の愛情を渇望した。ユン・マリは「あなたを愛してあげることができなくてごめんなさい。たくさん努力しましたが、私はあなたの傷を治すことができませんでした。私はあなたの母ではありません」と正直に告白した。

するとカン・イヌクは銃を取り出した。ユン・マリは「私をなくしても、あなたは私を持つことができません」と断固たる語調で話した。その後、銃が発射された。銃弾はカン・イヌクの目の上をかすめ、ユン・マリはカン・イヌクを病院に運んだ。ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)も病院に駆けつけた。

ソ・ジョンウォンに会ったカン・イヌクは「僕を殺せ!」と叫んだ。そんな二人を目撃したユン・マリはソ・ジョンウォンに「私のせいでそんなことをしたらいけません」と叫んだ。そのため、ソ・ジョンウォンはカン・イヌクを殺すことができなかった。

そしてソ・ジョンウォンは、記者に暴力を振るうカン・イヌクの映像を渡した。全ての事実がバレたカン・イヌクは「妻にしたことを全て認める」と言った。それからカン・イヌクはユン・マリを拉致して一緒に死のうとした。

それに気づいたソ・ジョンウォンがユン・マリを救いに来た。カン・イヌクはソ・ジョンウォンに銃を構えたが、ユン・マリが代わりに撃たれた。カン・イヌクは衝撃を受け、警察が現れると自身の頭に銃を構えた。

カン・イヌクは「僕が生まれ変わることができたら、愛することのできる男に生まれたい。その時も世界で一番美しいあなたを愛する」と言いながら自ら命を絶った。

病院に運ばれたユン・マリ。ソ・ジョンウォンは自ら執刀医になった。時間が経った後、二人は幸せな笑顔で互いを見つめた。

記者 : キム・ムンジョン