激動の2018年!驚異の新人IZ*ONEから緊急搬送・議論まで…今年話題のガールズグループ(動画あり)

MYDAILY |

写真、映像=マイデイリー DB

“ガールズグループ大戦”という言葉のように、ガールズグループの競争はますます激しくなっているが、その中でもデビューしたガールズグループの躍進も目立った2018年。

深く印象を残した新人ガールズグループたち。2018年も年末を迎え、マイデイリーでは今年デビューしたガールズグループのステージと、話題になったエピソードを振り返ってみた。



写真=OFF THE RECORD

◆IZ*ONEなどガールズグループのデビュー!

アイドルたちの新曲パフォーマンスを最も早く見ることができるステージは、なんといってもメディアを通じて公開されるショーケースだろう。

1月のfromis_9をはじめ、今年デビューした(G)I-DLE、公園少女(GWSN)、NeonPunch、DREAM NOTEにデビューショーケースで会うことができた。

とくにMnet「PRODUCE48」を通じてデビューしたIZ*ONEは、今年の年末の歌謡界を強打した新人ガールズグループで、来年の活躍がより期待される。

日韓グループIZ*ONE「2018 MAMA」でニュー・アジアン・アーティスト賞を受賞!香港バージョンのステージを披露

写真=WMエンターテインメント

◆完全体でなくても大丈夫!ユニットでの活躍

ガールズグループの中のユニットグループも目立った年だった。

OH MY GIRL BANHANAはメンバー全員が参加した初の派生ユニットである。

またPRISTIN V、gugudanのSEMINAは、完全体とは異なる新たな魅力を大衆にアピールした。

【密着レポ】OH MY GIRL BANHANA、パジャマパーティーで大はしゃぎ!日本の映画・アニメの名ゼリフを熱演!?

写真=MAJORエンターテインメント

◆デビューの喜びと涙、そしてプレッシャー

アイドルにとってデビューは夢のようだ。それだけデビューショーケースに立つアイドルたちの表情は様々である。

元LoveUsのミギョは1月、ソロデビューを通じて喜びの涙を流し、SHA SHAのワンリンは8月、ショーケースのステージで失神し倒れ、緊急搬送された。

またCoCoSoRiのSoRiは9月、ソロデビュー曲で衝撃のセクシーコンセプトに挑戦し、ショーケースに破格的な衣装で登場し、人々を驚かせた。

さらに日本のガールズグループ出身でその後セクシー女優として活動した三上悠亜、桜もこ、松田美子がガールズグループHONEY POPCORNとして3月に韓国デビューを果たしたが、「アイドルたちは若い世代、特に10代たちの憧れであり鏡であるべき」だと、彼女たちの韓国デビューを反対する声が相次ぎ、論争が起きたりもした。

【PHOTO】元LoveUs ミギョ、1stシングル「YOU&I」発売記念ショーケースを開催“涙のステージ”

記者 : キム・ジョンス