防弾少年団からWanna Oneまで「2018 MBC歌謡大祭典」最終ラインナップ公開…東方神起は新曲のステージを初披露

MYDAILY |

写真=MBC
MBCが本日(24日)、「2018 MBC歌謡大祭典:The Live」の最終ラインナップを発表した。

第1部では「キーワード」を主題に、今年一年音楽界を席巻したキーワードを様々なライブステージで確認する予定だ。

「覆面歌王」でボーカリストとしての底力を見せてくれたFly To The Skyのファニとソヌ・ジョンアの特別なコラボレーションに続き、「私は一人で暮らす」で話題を集めたMAMAMOOのファサとNORAZOが、他では見ることができないスペシャルステージで観客とコミュニケーションする。

また、デビュー15周年を迎える“K-POPの帝王”東方神起が出演してパフォーマンスを繰り広げる。26日にスペシャルアルバムをリリースする東方神起は、番組で新曲の初公開はもちろん、東方神起のK-POPブームを受け継いできている後輩グループのカバーステージにも期待が高まっている。

Drunken Tigerの最後のアルバムと20周年を記念して用意されたスペシャルステージ、また今年平壌(ピョンヤン)公演で熱い関心を集めたペク・チヨンと後輩歌手の特別なデュエットも準備されている。

2部では音楽界で“シンドローム”を巻き起こしたEXO、防弾少年団、Red Velvet、TWICE、Wanna Oneが総出動するラインナップで、韓国国内外のK-POPファンの期待を高めている。

続いてApink、BTOB、GOT7、iKON、MONSTA X、NCT DREAM、Stray Kids、THE BOYZ、WINNER、Golden Child、gugudan、LOVELYZ、MAMAMOO、MOMOLAND、VIXX、元Wonder Girlsのソンミ、SEVENTEEN、(G)I-DLE、GFRIEND、OH MY GIRL、宇宙少女、スペシャルラインナップとしてはBizzy、Vibe、Ben、赤頬思春期、ユン・ミレ、ホン・ジニョンが名を連ねて、老若男女誰もが楽しむことができる様々な構成のショーを繰り広げる予定だ。

MCのラインナップには ノ・ホンチョル、少女時代のユナ、SHINeeのミンホ、ASTROのチャ・ウヌが確定し、「The Live」のコンセプトにふさわしいMCの特別なオープニングステージまで用意されている。

一山(イルサン)MBCドリームセンター公開ホール、上岩(サンアム)MBC、臨津閣(イムジンガク)平和ヌリの3ヶ所の生中継で繰り広げられる2018 MBC「歌謡大祭典:The Live」は、24日から26日までMBC「歌謡大祭典」公式ホームページを通じて観覧申し込みを受け付けている。

「歌謡大祭典:The Live」は31日午後8時45分から約4時間にわたり生放送で開催される。

記者 : イ・スンロク