【REPORT】パク・ユチョン(JYJ)全12公演に渡るファンミーティングツアーで全国のファンと感動の再会!

KSTYLE |

©2018 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All rights reserved.
パク・ユチョン(JYJ)のファンミーティングツアーが、感動の中幕を下ろした。6月2日(土)の名古屋フォレストホールを皮切りにスタートしたこのツアー。全12公演のラストを7月24日(火) 八王子オリンパスホール公演にて開催された。

オープニングの「ひまわりの約束」では、ファンの顔を1人ずつ確認するよう歌い上げ、涙を流しながらファンへの愛を伝えた。

今回のファンミーティングの内容は、ホールツアー全ての公演で違ったプログラムにて行われた。

全公演にて行われた《観光ガイド》コーナー。ファンがユチョンに地域のおすすめスポット、食べ物を紹介してきたが、最終日ということもあり、ユチョン自ら、大好きな梅干しを紹介した。ステージに梅干しが登場すると、梅干しを美味しそうに食べて、ご飯を欲しがる一面も。

《ジェスチャークイズ》のコーナーでは、ファン4名にユチョンが出されたお題をジェスチャーで再現した。テーマは映画。ホラー映画、ラブロマンス、SF映画などのお題に、細かく丁寧に表現し、観客を沸かせた。

©2018 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All rights reserved.
《再会ボード》のコーナーは、全公演を共に回った再会ボードを振り返りながら、サプライズミッションで、ファンの反応が良かったベスト3を再現した。1位の"カメラに向かってキス顔5秒披露"では、ファンのリクエストに答えたシチュエーションのもと、カメラを掴んでキス顔を披露すると、会場は大興奮! 恥ずかしくなったユチョンは、ソファにいる犬のぬいぐるみに恥ずかしさをぶつける一面も。

興奮の中、大人気コーナーである《サイコロDEダンス》のタイトルが出ると、更に会場の熱気があがった。サイコロを振って、出た目にかかれた曲をユチョンが踊るというコーナー。ファンのリクエストに答えてもう一度サイコロを振ると、自信のない曲を引いてしまい、サイコロに八つ当たりするお茶目な一面も見られた。自分で自信のある1番の目を置き、「Rising Sun」を披露することに。前日の浜松公演でユチョンがリクエストした部分から曲が始まると、会場は大興奮! キレキレのダンスを披露した。

©2018 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All rights reserved.
続いて《ミニドラマ》のコーナーでは、ユチョンとファンがあるシーンを再現するコーナー。Aのリビングのシチュエーションでは、彼女の誕生日に連絡をしてこないユチョンに苛立つ彼女のもとへ、サプライズで現れる。後ろから目隠しをして登場し、クマのぬいぐるみからひょっこりと顔を出すユチョン。“Happy Birthday”と誕生日をお祝いし、後ろからネックレスをつけてあげ、最後にはバックハグまで!

続くBは花火大会。花火大会の人混みの中はぐれてしまったユチョンと彼女。彼女がナンパされているところにユチョンが現れ「こいつ、俺の女だよ! どけよ!」と助け出して、ひじドンからのデコピン。彼女に「ばーか、いくぞ」というセリフにファンは胸を打たれていた。

Cのディナーはなんとプロポーズ。最近会えてない2人の記念日デートで、もう終わりなのかも? という設定。ユチョンから「付き合って3年だから、これから付き合うのは無理だと思ってる……ごめん」と言われてしまう。重い空気の中、ユチョンは立ち上がると、ファンの前にひざまずき、指輪を差し出して「俺のwifeになってほしい……。Would you marry me?」と、カッコよくプロポーズを決めると会場全体からの止まない歓声が! 途中スタッフの登場や、いきなり流れるBGMに笑いが起こるものの、演技に入った瞬間に表情が変わる“俳優 パク・ユチョン”に感動させられた。

©2018 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All rights reserved.
ファンがユチョンを撮影する《フォトタイム》コーナーを終え、全てのコーナーが終わり、ユチョンだけのコーナーに。今までこんなに喋らなかったのに、今はたくさん話すようになった事、自分が昔と変わった、今の自分が好きだと話してくれた。「How Much Love Do You Have in Your Wallet」を歌い上げると、ファンから鳴り止まない「パク・ユチョン!」コールに、子供のように泣いてしまうユチョン。しばらく喋る事ができないくらい涙を流し、本当に辛かったんですよ、と震えながら話し出す。みなさんがいてくれてよかった、これから目指すところも分かった、みなさんのために頑張りたいという強い想いをファンに伝えた。アンコールではサプライズで「レイニーブルー」を強い歌声でファンに披露した。ラストの「チャジャッタ」ではユチョンとファンが一体となって歌い、感動につつまれて幕を下ろした。

公演がおわると、ユチョンからのお見送り会がスタート。ユチョンがファン1人1人と目を合わせ、感謝の気持ちを伝えた。お見送り会が終了し、入口で待っているファンにユチョンが会いに行き、最後まで挨拶をしていた。

全国9都市、12公演に渡るユチョン自信初のホールツアーは、ユチョンとファンの感動の再会の場所となり、家族のような絆が生まれた暖かい公演となった。

(記事提供:株式会社プロマックス)

©2018 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All rights reserved.

【公演概要】
「2018 PARK YUCHUN FANMEETING&MINI CONCERT HALL TOUR“再会”2nd Story」
日時:2018年7月24日(火)18:00開場 / 18:30開演
会場:オリンパスホール八王子

【セットリスト】
M01. ひまわりの約束
M02. Unwound Heart
M03. 再会
M04. 振り返れば全ての道が思い出だから
M05. いばらの道
M06. How Much Love Do You Have in Your Wallet
M07. 最後のアルバムまで…
<ENCORE>
M08. レイニーブルー
M09. チャジャッタ

記者 : Kstyle編集部