JYJ ユチョンの弟パク・ユファン、兄の拘束にもSNSを更新「僕の家族への応援をありがとう」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優パク・ユファン(28)が、実の兄であるJYJ ユチョン(33)が拘束された中、SNS活動を行いファンとコミュニケーションしている。

パク・ユファンは28日、自身のTwitterに英語で「たくさん悩んでる。よく眠れないし。僕の家族を応援してくれた方々に、どういう風に感謝の言葉を伝えばいいのか分からない。心から感謝している」と書き込んだ。

これは兄であるユチョンに関連して様々な疑惑が挙がっている中、相変わらず応援を送ってくれるファンに感謝の気持ちを伝えたものだ。ユチョンは最近、元恋人である南陽(ナムヤン)乳業創業主の孫ファン・ハナ(31)とヒロポンを投薬した容疑を受けている。彼は記者会見まで開いて自身の容疑を強力に否定したが、国立科学捜査研究院(国科捜)の薬物精密検査の結果、陽性の判定を受けて26日に拘束された。

これにパク・ユファンは兄の拘束の当日にも「ストリーミングしないつもりだったが、今、母さんが辛い時間を過ごしています。チャットを通じて母さんに愛と力を送ってもらえませんか。ありがとうございます」と書き込んだ。そして27日には、自身のTwitterに「僕たちが笑顔で大きく笑う日が来る。約束する」などのメッセージを残して目を引いた。

JYJ ユチョン、拘束後も薬物使用の疑惑を否定…本日(4/29)再び取調べ

JYJ ユチョンの弟パク・ユファン、SNSに再び心境「僕たちが笑う日が来る」

記者 : イ・イェウン