防弾少年団、アイドル史上初の快挙!「韓国大衆音楽賞」で今年のミュージシャン賞を受賞

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団がアイドルとしては初めて「韓国大衆音楽賞」で今年のミュージシャン賞を受賞した。

防弾少年団は28日、ソウル九老(クロ)区九老アートバレー芸術劇場で開かれた「第15回韓国大衆音楽賞」授賞式で、総合分野今年のミュージシャン賞を受賞した。授賞式が始まって以来、アイドルグループが総合分野今年のミュージシャン賞を受賞したのは初めてのことだ。

キム・ユンハ選定委員は「防弾少年団を今年のミュージシャンに選定し、『今年のミュージシャン』の定義についてもう一度考えてみる。名前を言えば分かるような海外有名チャートに名を連ね、海外の有名授賞式のステージに上がり、アルバムを数百万枚売り上げたことは、かえって副次的だ。アイドル、K-POP、世界進出という言葉もあまりにも平たい修辞だ。韓国の大衆音楽の中で生まれたグループが、自らを質料として完成させた音楽と世界観で、韓国はもちろん全世界に広がっている同時代の若者たちを魅了した。アルバムは俊秀であり、その動きは今後数年間韓国の音楽界にさまざまな影響力を与えるだろう。2017年と防弾少年団、決して切り離すことはできない」と選定の理由を明らかにした。

防弾少年団は昨年9月に発売したアルバム「LOVE YOURSELF 承“Her”」を158万枚(GAONチャート累計集計量)以上を売り上げるなど、韓国の単一アルバムとしては最高のアルバム売上を記録した。また、このアルバムのタイトル曲「DNA」は、世界32地域のiTunesソングチャートと米ビルボード「HOT 100」で67位にランクインした。

これで防弾少年団は昨年12月に開かれた「2017 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」の「今年の歌手賞」、「2017 Melon Music Awards」の「今年のベストソング賞」、1月に開催された「第32回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門大賞、「第27回ソウル歌謡大賞」の大賞、今月14日に開催された「第7回GAON CHART MUSIC AWARDS」第1四半期と第3四半期「今年の歌手賞(オフラインアルバム部門)」に続き、「韓国大衆音楽賞」まで受賞し、主要授賞式をすべて席巻した。

「韓国大衆音楽賞」授賞式は、韓国大衆音楽賞選定委員会が主催する大韓民国の音楽賞で、売り上げではなく音楽の芸術的価値を選定の基準にし、主流、非主流の境界なしに、韓国大衆音楽賞のバランスの良い発展のために設立された。

パン・シヒョク代表、防弾少年団に望むたった1つのこととは?「彼らに唯一お願いしたのは…」

防弾少年団 ジョングク「見ているだけで笑顔になるスター」1位に!NU'ESTのJR&パク・ボゴムらもランクイン

記者 : チョン・ジウォン