ヒョンビン、カン・ソラとの熱愛認める

OSEN |

俳優ヒョンビンとカン・ソラが、公式の恋人になった。

15日、ヒョンビンの所属事務所VASTの関係者はOSENに「二人の俳優は10月頃、仕事と関連して関係者と会った席で初めて知り、以後先輩・後輩として親交を積んで、悩みやアドバイスを共有する仲で過ごしてきた。今まさにお互いに好感をもって交際を始めてから数日しかたっていない時期で報道がされて非常に慎重な状況だ」と明らかにした。

カン・ソラの所属事務所プラムエンターテイメントも「ヒョン・ビンとカン・ソラ二人の俳優は10月、仕事と関連して関係者と会った席で初めて知り、以後先輩・後輩として親交を積み、悩みやアドバイスを共有する関係として過ごしてきた。お互いに好感を持って交際を始めてから半月余りしかたっていない時点で報道され、とても慎重になっている」と時期を「半月余り」と言及した。

続いて「このような時局に個人的なことニュースが伝えられ、さらに慎重な心境だが、恋愛を始めた二人を温かい視線で見てほしい。これから二人の演技活動にも多くの応援と愛を送ってほしい」とつけ加えた。

最終的には両側によると、二人は昨年10月、カン・ソラの所属事務所移籍と関連し、関係者たちと一緒に会った席が自然に縁となり、この過程でアドバイスをしていた先輩と後輩から恋人関係に発展することになった。誰もが祝福するほどの「ビジュアル俳優カップル」の誕生である。

一方、ヒョンビンは映画「共助」ですぐに観客に会う。カン・ソラは、ドラマ「町の弁護士チョ・ドゥルホ」以降次期作を検討中である。

記者 : パク・ヒョンミン