イ・ジュニョン&ピョ・イェジン主演「私は堂々とシンデレラを夢見る」制作秘話が話題“IUから刺激を受けた”

OSEN |

写真=TVING
クリエイターのペク・ミギョンと脚本家のユジャが「私は堂々とシンデレラを夢見る」のビハインドストーリーを公開した。

31日に韓国で放送がスタートするTVINGオリジナルシリーズ「私は堂々とシンデレラを夢見る」は、現実の壁にぶつかってシンデレラになることを決意した女性が、愛を信じない白馬に乗った財閥の御曹司に出会うことで繰り広げられる“欲望獲得ラブコメディ”だ。

「品のある彼女」「力の強い女ト・ボンスン」「Mine」などのヒット作で、女性中心のストーリーを披露してきた脚本家のペク・ミギョンがクリエイターとして参加し、執筆を担当した新人脚本家ユジャと共にハツラツとしたストーリーを完成させる予定だ。

まず、ペク・ミギョンは「クリエイターは初めてなので紆余曲折もあったし、制作者としても新しい挑戦だった」とし「キャスティングも台本の制作も容易ではなかったので、公開を控えて非常に緊張している」と感想を語った。脚本家のユジャも「短い私の人生の中で、最も大きな冒険であり、初めての経験だったけど、多くの方々と互いに良い関係を築き、楽しく美しい制作ができたことに感謝する」と伝えた。

それからユジャは「ラブコメディを書くなら単純なシンデレラの物語より、“シンデレラコンプレックス”を克服する話にしなければいけないと思った」と執筆の経緯を告白した。特に「IUの『My sea』という楽曲から最後の1%のインスピレーションを受けた。自分の見たくない部分まで愛する過程と姿勢を描こうとした」とし、作品への関心を高めた。

ペク・ミギョンは「若い女性たちの現実的な悩みを赤裸々に描きたかった」とし「すべての女性が強く、積極的で、主導的な人生を夢見るけど、現実は甘くないので、私を愛し、私への“誇り”を持ちながら生きていけば何でもできるというメッセージを伝えたいと思った」と作品の意図を説明した。

そのため、彼女は白馬に乗った王子様を単純な人物やロマンではなく、「人生の方向を変えてくれる機会」と解釈したと明かした。さらに「気軽に見ることができるドラマだけど、その中に込められたテーマを明確に伝えようとした」と付け加えた。

ユジャも「成長する過程で挫折し、傷付き、自分を無力だと考えがちだけど、結局すべての傷は過去になるので『あなたは今とても素敵に成長した』と、自分の背中にある翼を見られない人たちに翼があると教えられるような温かいドラマを書きたかった」と話した。さらに、同作で塔に閉じ込められ、誰かが自分を助けてくれることを願っていた人物が、自身に翼があることに気づき、自ら塔を出る姿を描いたと明かした。

また、このようなメッセージを伝える21世紀のシン(新)デレラのシン・ジェリム役を演じるピョ・イェジンと財閥8世のムン・チャミン役を演じるイ・ジュニョン(U-KISS ジュン)にも、深い愛情を示した。作品の企画段階からピョ・イェジンのことを考えていたというユジャは「ジェリムは欲があってチャレンジ精神旺盛な人なので、この役を演じる女優は愛らしく優しい雰囲気の人がいいと思った。ピョ・イェジンさんは、目で様々な感情を表現してくださるので、シン・ジェリムの感情を作品により込めることができた」と彼女を称賛した。

続けて「イ・ジュニョンさんは、私が書いた台詞をとても上手く表現してくださるので、本当に相性がよかった。コメディがとても上手だった。ロングコートを着てアクションをするシーンは、私もわくわくするほどカッコよかった」とし「ピョ・イェジンさんとイ・ジュニョンさんの阿吽の呼吸を見守ってほしい」と伝え、より一層関心を高めた。

ペク・ミギョンとユジャがつくりだす21世紀シンデレラストーリー、TVINGオリジナルシリーズ「私は堂々とシンデレラを夢見る」は、韓国で31日(金)午後12時に第1話と2話が公開される。

記者 : チェ・イジョン