リュ・ジュンヨル&ユ・ヘジン主演の映画「梟―フクロウ―」2024年2月9日より日本公開が決定

Kstyle |

(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & C-JeS ENTERTAINMENT & CINEMA DAM DAM. All Rights Reserved.
韓国年間最長No.1記録を樹立した、史実に残された最大の謎に迫る、“全感覚麻痺”サスペンス・スリラー「梟ーフクロウー」が、2024年2月9日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショーされる。

朝鮮王朝時代の記録物「仁祖実録」(1645年)に残された“怪奇の死”にまつわる歴史的な謎に、斬新なイマジネーションを加え誕生した「梟―フクロウ―」は、観客の無限の想像力を刺激し、韓国年間最長No.1記録を樹立した。

そんな同作が、今度は国内の映画祭を席巻している。今年4月に開催された、韓国エンターテイメント界の最高峰を決める「第59回百想(ペクサン)芸術大賞」では最多8部門にノミネートされ、作品賞、新人監督賞、男性最優秀演技賞の3冠を受賞したのを皮切りに、9月に開催された「第43回韓国映画評論家協会賞」では男優主演賞、新人監督賞、撮影賞の3冠を受賞。続く10月に開催された「第43回黄金撮影賞」では最優秀作品賞、男性主演賞、男性助演賞、監督賞、照明賞、撮影賞(※金賞)の6冠を受賞している。

そして、11月15日に開催された韓国の三大映画祭の一つである「第59回大鐘(テジョン)賞映画祭」では主要部門すべてにノミネートされ、新人監督賞、脚本賞、編集賞の3冠を受賞した。他の作品を圧倒する受賞ラッシュが続き、11月24日には、韓国最大の映画祭「第44回青龍(チョンリョン)映画賞」では新人監督賞、撮影照明賞、編集賞の3冠を達成し、2023年韓国国内映画賞で“18冠”を達成し、最多受賞を記録した。

■作品情報
映画「梟―フクロウ―」
2024年2月9日(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー

監督:アン・テジン
出演:リュ・ジュンヨル、ユ・ヘジン

2022年/韓国/118分/原題:올빼미/英題:THE NIGHT OWL/日本語字幕:根本理恵/G/配給:ショウゲート
(C) 2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & C-JeS ENTERTAINMENT & CINEMA DAM DAM. All Rights Reserved

<あらすじ>
盲目の天才鍼医ギョンスは、病の弟を救うため、誰にも言えない秘密を抱えながら宮廷で働いている。しかし、ある夜、王の子の死を‟目撃“し、恐ろしくも悍ましい真実に直面する。見えない男は、常闇に何を見たのか? 追われる身となった彼は、制御不能な狂気が迫るなか、昼夜に隠された謎を暴くために闇を駆ける。絶望までのタイムリミットは、朝日が昇るまで――。

■関連リンク
「梟―フクロウ―」公式サイト

記者 : Kstyle編集部