ユ・ヘジン&リュ・ジュンヨル主演の映画「フクロウ」撮影ビハインド映像を公開

MYDAILY |

写真=NEW
映画「フクロウ」が、激しく悩みながら撮影した瞬間を収めた撮影ビハインド映像を公開した。

同作は、夜だけ前が見える盲人鍼術師が世子の死を目撃した後、真実を明らかにするために繰り広げる一夜の死闘を描いたスリラーだ。

劇中、カン・ビン役を演じる女優のチョ・ユンソのナレーションで始まる映像は、現代的に解釈した特別なストーリーの魅力から、俳優たちの完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性)、そして魅惑的な演出に至るまで、今作の制作と関連したすべてが盛り込まれており、目を引く。

まず、ユ・ヘジンとリュ・ジュンヨルが今作について「夜にだけ前が見える盲人鍼術師が、世の中に知らされてはならないことを目撃することにより、繰り広げられるスリラーだ」と説明し、作品に対する好奇心を刺激した。特に、仁祖実録に記録されているソヒョン世子の死に映画的な想像力を加えた今作についてアン・テジン監督は「従来の時代劇にたくさん出てくるシーンは全てなくした」と明かし、現代的に解釈して誕生した作品の新しい魅力を期待させた。

本作の華やかなキャスティングのラインナップも期待を集めている。ユ・ヘジンとリュ・ジュンヨルをはじめ、チェ・ムソン、チョ・ソンハ、パク・ミョンフン、キム・ソンチョル、アン・ウンジン、チョ・ユンソなど、ベテラン俳優たちと若手俳優たちが一堂に会し、完璧なケミを完成させた。映像の中で俳優たちは、一緒に共演した仲間たちに対する絶賛と信頼を惜しみなく表し、彼らが披露する特別な相乗効果を予告した。

映像の終盤には、制作陣の血のにじむような努力で誕生した完成度の高い演出を垣間見ることができる。キム・ソンチョルは「撮影現場に行ってちょうど僕の寝室に入った瞬間『本物だ。これは』と信じるしかなかった」と話し、好奇心を刺激した。衣装及びセットの繊細さに感嘆したアン・ウンジン、チョ・ソンハ、チョ・ユンソをはじめとして、最後にパク・ミョンフンは「期待をしていたが、その期待以上だった」とし、魅惑的な演出の誕生を知らせた。

撮影ビハインド映像を公開し、作品に対する期待をさらに高めている映画「フクロウ」は、韓国で今月23日に公開される予定だ。

記者 : ヤン・ユジン