チョ・ジヌン、イ・ソンギュンの降板で…新ドラマ「ノー・ウェイ・アウト」のオファーを受けて検討中

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優のチョ・ジヌンが、新ドラマ「ノー・ウェイ・アウト」への出演を検討中だ。

本日(30日)、所属事務所のSARAMエンターテインメントはマイデイリーの取材に対して「チョ・ジヌンはドラマ『ノー・ウェイ・アウト』の出演オファーを受け、検討中だ」と明かした。

「ノー・ウェイ・アウト」は、希代の凶悪犯が出所するやいなや、200億ウォン(約21億円)の懸賞金をかけた“公開殺人請負”が行われ、“殺そうとする者”と“生き残ろうとする者”の間で繰り広げられる対決を描くドラマだ。

イ・ソンギュンは同作で、希代の凶悪犯を市民から守らなければならない警察官ペク・ジョンシク役を演じる予定だったが、麻薬投薬の疑いにより初撮影を控えて自ら降板した。

チョ・ジヌンは今年、映画「対外秘」に出演した。11月17日に公開予定のNetflixシリーズ「毒戦2」にも出演する。また、ケーブルチャンネルtvNバラエティ番組「テントの外はヨーロッパ」スペイン編を通じて親しみやすい魅力をアピールした。

記者 : イ・イェジュ