Girl's Day ミナ主演、映画「最善の人生」11月25日より日本で配信!予告&本国版ビジュアルが解禁

Kstyle |

映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」では、映画「最善の人生」が明日(25日)より配信開始となる。これに先立って本日(24日)、予告編と本国版ビジュアルが解禁となった。

同作は、韓国のトップアーティストであり是枝裕和監督「ベイビー・ブローカー」の名演で注目を浴びたIUも絶賛し、第4回文学トンネ大学小説賞の受賞作である作家イム・ソラの同名小説を映画化。これまでに多くの短編映画を手掛けてきたイ・ウジョン監督の長編デビュー作で、女子高校生3人の友情と亀裂をセンセーショナルに描く。

映画化発表と共に、早くからスポットライトを浴びた「最善の人生」は公開に先立って「第25回釜山(プサン)国際映画祭」でKTH賞、CGK&サムヤンXEEN賞を受賞して2冠を達成しただけではなく、「第46回ソウル独立映画祭」の新しい選択賞を受賞した。

主人・ガンイを演じるのは韓国ガールズグループGirlʻs Day出身で歌手から役者として活躍するミナ。2021年には釜山映画批評家協会賞で新人女優賞を受賞するなどその熱演が絶賛された。ガンイの親友・アラム役には、Netflixドラマ「未成年裁判」(2022)、「私たちのブルース」(2022)などでも注目を集めたシム・タルギ。そして、もうひとりの親友・ソヨンを務めるのは、モデルとして活躍し3人の中では最年少となるハン・ソンミン。それぞれ個性が光る魅力的なキャストたちが、不安で混乱している繊細な18歳を描いていく。

この度解禁された予告編は、学校や家庭に不満を感じるガンイが親友のソヨンとアラムを誘って家出をする姿から始まる。最初は自由を手に入れ、共同生活を楽しむ3人だったが、そんな日々は長くは続かず3人の関係には徐々に亀裂が入っていく。顔を腫らすガンイ、泣きじゃくるアラムなど、以前の関係性とは対照的に、18歳という若さゆえに感情がコントロールできずにいる様子も印象的だ。「より良い人生のために悪い道を選んだ。それが最善だった」というガンイのセリフで映像は締め括られ、子供と大人の間で揺らぐ“18歳”が持ち合わせる純粋さと凶暴さを繊細なタッチで感じさせる。

記者 : Kstyle編集部