Girl's Day ミナ、第20回ニューヨーク・アジアン映画祭で国際ライジングスター賞を受賞

OSEN |

写真=映画のポスター

Girl's Dayのミナが、「第20回ニューヨーク・アジアン映画祭(New York Asian Film Festival)」(以下NYAFF)で国際ライジングスター賞を受賞した。

作家イム・ソラの同名の長編小説「最善の人生」を原作にした映画「最善の人生」で、ミナは第20回NYAFFで国際ライジングスター賞を受賞した。

26日、ミナは「辛くて寂しい時期に、最も愛する人たちとこのように大きな喜びをともにでき、胸がいっぱいになる瞬間を作ってくれたNYAFFに心から感謝します。いつか現場で、韓国国内外のファンと会って、感謝の気持ちを直接伝えることのできるその日を待っています。くれぐれもご健康に気をつけてください」と心のこもった感想を綴り、感謝の気持ちを伝えた。

イ・ウジョン監督が脚本・演出を務めた「最善の人生」は、18歳のガンイ(ミナ)、アラム(シム・ダルギ)、ソヨン(ハン・ソンミン)が、危なっかしく、不器用な若者たちが彷徨う中で選ぶ最善と最悪の選択の物語だ。

先立って「第25回釜山(プサン)国際映画祭」でKTH賞、CGK&サムヤンXEEN賞を受賞して2冠を達成しただけではなく、「第46回ソウル独立映画祭」の新しい選択賞を受賞した。また「第9回茂朱(ムジュ)山里映画祭」「第20回ニューヨークアジア映画祭」に招待されてしっかりとした完成度が認められた。

写真=映画のスチールカット


18歳のガンイを演じて、これまで見せてこなかった新しい一面と熱演を繰り広げたミナは、8月6日から22日までリンカーンセンターで開かれる第20回ニューヨークのアジア映画祭で、国際ライジング・スター賞を受賞する栄光を味わった。

この映画祭は、北米の代表的なアジア映画祭で、ブロックバスターからアートハウス、カルト映画まで幅広いジャンルの中から最も独特で面白い映画のみを選別する映画祭である。毎年アジアで注目すべき俳優たちを選定して、国際ライジングスター賞を授与している。先立って、映画「ウンギョ」のキム・ゴウン、「金」のリュ・ジュンヨル、「野球少女」のイ・ジュヨンなどがこの賞を受賞したことがある。

映画祭の関係者は、「今年の作品を選定するため数百本の東アジア映画を見てきたが、そのうち『最善の人生』でのミナの演技は、最高の俳優たちだけが披露する集中力と真正性を見せてくれた。スクリーンを通じて映されるとぼけた表情と、それとなく表す欠乏のかけらを織り成して、スクリーンの中で容易に表すことのできない莫大な存在感を見せた。飾らない姿と率直さを通じて、『思春期の胸が痛む経験を、ここまでうまく表現する女優が果たして今まで存在したのだろうか』と思わせるミナにライジングスター・アジアアワード賞を授与することに決定した」と絶賛した。

今年は映画祭の20周年を迎え、計3人の俳優に国際ライジングスター賞が授与されることになった。日本からは池松壮亮、フィリピンからはジャニン・グティエレスが受賞した。

「最善の人生」は今年9月より、韓国で公開される。

記者 : キム・ボラ