コ・ス&ソヒ&ホ・ジュノら出演の新ドラマ「ミッシング~彼らがいた~2」スチールカットを公開

OSEN |

写真=tvN
tvN新月火ドラマ「ミッシング~彼らがいた~2」で、“幽霊を見る2人の男”コ・スとホ・ジュノと“ブレイン”ことソヒのシェアハウス同居と共に、アップグレードされたケミストリー(相手との相性)を予告して期待を高めている。

同作は、行方不明になった亡者たちが集まった幽霊の町を背景に、消えた死体を探して事件の真実を追うミステリーファンタジードラマだ。2020年、“生きた者と亡者が共にする追跡”というヒューマニズム、ファンタジー、ミステリーを絶妙に混ぜたストーリーとコ・ス、ホ・ジュノのブロマンス(男同士の友情)で人気を博し、韓国で今年12月にシーズン2が放送される。

劇中で““幽霊を見るコンビ”コ・スとホ・ジュノは、おせっかいな幽霊を見る詐欺師のキム・ウクと、相変わらず娘を恋しがるチャン・パンソクに扮して、さらに強力になったコンビプレイを予告する。これと共にソヒは、三銃士のブレインで事業家のイ・ジョンアに扮して、コ・ス&ホ・ジュノと共に、消えた人々を探すたの活躍を繰り広げる予定だ。

これに関連し、一家に集まって座っているキム・ウク&チャン・パンソクと、イ・ジョンアのスリーショットが本日(18日)公開された。キム・ウクは余裕溢れる姿勢とは違って、イ・ジョンアの顔色を伺っているような表情で目を引く。チャン・パンソクは、警備服を身にまとってグダグタになっている様子。彼の生活にどのような変化があるのか、好奇心を刺激する。また、イ・ジョンアは爽やかな笑顔を浮かべて聡明な目を輝かせており、キム・ウク&チャン・パンソクの間でしっかりとしたブレインとして活躍して雰囲気を盛り上げるものと期待を集めている。このようにシェアハウスで同居を始めた3人の姿が、さらに深くなったケミストリー(相手との相性)を期待させる。

これと共に別のスチールには、消えた人の冥福を祈るキム・ウク&チャン・パンソク、イ・ジョンアの姿が収められており、関心を高める。息を殺して、行方不明になった人々の生命を物語っているように、燃え上がる炎から目を離すことができない3人が、おぼろげて温かい。これにシーズン1に続き、再び消えた人々を探すために乗り出した“幽霊を見るコンビ”のキム・ウク&チャン・パンソクと共に、“ブレイン”イ・ジョンアが会って、シーズン2でどのような活躍を見せるのか期待を集めている。

記者 : パク・パンソク