マ・ドンソク&チョン・ギョンホ主演の映画「狎鴎亭」韓国で11月30日に公開決定…予告編を公開

MYDAILY |

写真=SHOWBOX
映画「狎鴎亭」が韓国で今月30日の公開を確定し、予告編を初公開した。

同作は、“MCU(マ・ドンソクシネマティックユニバース)”で最も愉快な映画として注目を集めている作品。湧き出る事業アイデアで、口だけが達者な狎鴎亭の“デグク”(マ・ドンソク)が、実力トップの美容整形外科医“ジウ”(チョン・ギョンホ)と手を組んでK-ビューティの元祖になる物語だ。俳優のマ・ドンソクと観客動員数1000万人を記録した映画「犯罪都市2」の制作陣が再びタッグを組んだ。

今回公開された予告編では、マ・ドンソクの強烈な表情と赤いヘアが視線を集める。特有のユーモアと華やかな話術で狎鴎亭を駆け回る彼の姿が、今まで見たことのない新しいキャラクターの登場を予告する。

彼の圧倒的なビジュアルと共に「ヤクザではない」「刑事でもない」というキャッチコピーは、キャラクターの愉快な魅力をそのまま表している。

ここに、気難しくて冷静だが、実力だけは韓国でトップを誇る美容成形外科医パク・ジウ役を演じるチョン・ギョンホが、耳寄りな提案をするカン・デグクとK-ビューティビジネスの広くて深い協業を予告し、関心を集める。

また、狎鴎亭のインサ(インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)で美容整形外科の相談室長のオ・ミジョン役を演じるオ・ナラ、狎鴎亭の大手起業家チョ・テチョン役を演じるチェ・ビョンモ、狎鴎亭のVIP専用エステティックショップの院長ホン・ギュオク役を演じるオ・ヨンソの多彩な活躍が期待を高める。

特に、話題となっているカン・デグクの決め台詞「分かるよね?」というフレーズと、マ・ドンソク、チョン・ギョンホの笑えるが悲しいケミ(ケミストリー、相手との相性)で終わる予告編は、年末の劇場街を愉快な雰囲気にしてくれる映画「狎鴎亭」の存在感を証明している。

記者 : キム・ナラ