マ・ドンソク&チョン・ギョンホ主演の映画「狎鴎亭」アートポスターを公開

OSEN |

俳優のマ・ドンソクと「犯罪都市2」の制作陣の出会いで熱い話題を呼んでいる映画「狎鴎亭(アックジョン) 」が、“マブリー(マ・ドンドク+ラブリー)コミックス”バージョンのポスターを公開した。

MCU(マドンソク・シネマティック・ユニバース)で最も個性溢れるキャラクターの登場を予告して話題を呼んでいる「狎鴎亭」が、“マブリーコミックス”バージョンのポスターを公開して注目を集めている。「狎鴎亭」は、湧き出る事業アイデアで、口だけが達者な“デグク”(マ・ドンソク)が、実力トップの美容整形外科医ジウ(チョン・ギョンホ)と手を組んでK-ビューティの元祖になる物語だ。

今回公開されたポスターは、「狎鴎亭」に登場する多彩なキャラクターが目を引く。湧き出るアイデアで口だけが達者なデグク(マ・ドンソク)、実力トップの美容成形外科医ジウ、狎鴎亭のインサ(インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)で美容整形外科の相談室長のミジョン(オ・ナラ)、狎鴎亭の大手起業家テチョン(チェ・ビョンモ)、狎鴎亭のVIP専用エステティックショップの院長ギュオク(オ・ヨンソ)のキャラクターをリアルに具現化した個性溢れるイラストは、「狎鴎亭」だけの愉快な笑いとシナジー(相乗効果)を期待される。

ここに「兄さんが全部飾ってあげるよ」というフレーズと共に、K-ビューティービジネスのビハインドストーリーをさらに豊かにするリュ・スンス、イム・ヒョンジュン、ハン・ボルム、チョン・ジソまで、ポスターをいっぱいに埋め尽くす俳優たちのラインナップが、映画に対する好奇心を刺激している。

今回の「狎鴎亭」のアートポスターは、ハリウッドを基盤に活動しているアニメーション監督キム・スンウンの手から誕生した。彼女はソニーアニメの人気シリーズ「ブーンドックス(The Boondocks)」の統括プロデューサーとして活躍し、評論家から絶賛を受けたアニメ「ザ・バットマン」には監督として参加、2つのエミー賞を獲得し、合計3回もエミー賞候補にノミネートされた実力派監督である。

最近、「エターナルズ」「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」「犯罪都市2」「イカゲーム」など、様々な映画とドラマの中のキャラクターを、ユニークな個性のアートワークで表現して、ファンから熱い支持を集めている。特に今回の「狎鴎亭」とのコラボは、これまで着実なコラボで築いてきたキム・スンウン監督とマ・ドンソクの縁から始まった。

映画「狎鴎亭」は韓国で11月に公開される。

記者 : チェ・ナヨン