マ・ドンソク&チョン・ギョンホ主演の映画「狎鴎亭」豪華タッグに早くも期待!

OSEN |

写真=SHOWBOX
映画「狎鴎亭」のマ・ドンソク、チョン・ギョンホ、オ・ナラ、チェ・ビョンモ、オ・ヨンソが2022年末、活力と笑いのエネルギーを届けてくれる。

“マブリー(マ・ドンドク+ラブリー)”マ・ドンソクと「犯罪都市2」の制作陣との出会いで期待が高まっている映画「狎鴎亭」が、魅力あふれる俳優たちの共演で今年末、愉快な笑いを届ける予定だ。同作は、湧き出る事業アイデアで、口だけが達者な狎鴎亭の“デグク”(マ・ドンソク)が、実力トップの美容整形外科医“ジウ”(チョン・ギョンホ)と手を組んでK-ビューティーの元祖になる物語を描く。

同作ではマ・ドンソク、チョン・ギョンホ、オ・ナラ、チェ・ビョンモ、オ・ヨンソがK-ビューティーの裏話を公開し、笑いを誘う。整形外科の医師ジウと共に“美の都市”狎鴎亭でランドマークの建設を夢見る狎鴎亭生まれのデグクは、狎鴎亭のインサ(インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)で美容整形外科の相談室長ミジョン(オ・ナラ)、狎鴎亭の大手起業家チョ・テチョン(チェ・ビョンモ)、狎鴎亭のVIP専用エステティックショップの院長ギュオク(オ・ヨンソ)と共に本格的なK-ビューティービジネスを準備する。

それぞれが生まれつきの話術、優れた実力、特別な親和力、豊かな資金、VIP人脈でビューティー都市狎鴎亭を揺るがす。彼らが一緒になった時にさらに大きくなるエネルギーは「狎鴎亭」の重要な観覧ポイントの一つだ。特に、休む暇なく繰り広げられる愉快なティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)と、ユニークな台詞は、俳優たちの瞬発力と演技でさらに輝いた。

マ・ドンソクをはじめ、チョン・ギョンホ、オ・ナラ、チェ・ビョンモ、オ・ヨンソの愉快なケミストリーを“滋養強壮剤ケミストリー”と表現したイム・ジンスン監督は「俳優の演技スタイルに合わせて台詞の呼吸とリズムを俳優によって調整した。現場で俳優たちが自身の能力を思いっきり発揮できるよう、状況を準備しておいた」と伝え、俳優たちが役に入り込んで完成させた人物間のケミストリーと笑いに満足感を示した。

マ・ドンソクをはじめ、チョン・ギョンホ、オ・ナラ、チェ・ビョンモ、オ・ヨンソまで、俳優たちの楽しく愉快な演技でより一層期待を高めている「狎鴎亭」は韓国で30日に公開される。

記者 : パク・パンソク