「第27回春史映画祭」パク・チャヌク監督が最優秀監督賞を受賞!「ベイビー・ブローカー」は2冠を達成(総合)

Newsen |

「別れる決心」が、最高の栄誉であるグランプリ(最優秀監督賞)はもちろん、男女主人公まで席巻した。

9月30日、「第27回春史国際映画祭」(以下、春史映画祭)がソウルソウォルアートホールで開催された。

今回の「春史映画祭」は、昨年7月1日から8月31日までに公開された映画が対象となっている。受賞分野は、最優秀監督賞(グランプリ)、新人監督賞、脚本賞、技術賞、男優主演賞、女優主演賞、男優助演賞、女優助演賞、新人男優賞、新人女優賞、観客が選んだ最高人気賞、国際監督賞など計12部門だ。

最高の栄誉に値する最優秀監督賞は、映画「別れる決心」のパク・チャヌク監督が受賞した。男優主演賞も同作のパク・ヘイルが、女優主演賞もタン・ウェイが受賞した。

男優助演賞は「犯罪都市2」のパク・ジファン、女優助演賞は映画「ジャンルだけロマンス」のオ・ナラが受賞した。新人監督賞は観客動員数1200万人を記録した今年最高のヒット作「犯罪都市2」のイ・サンヨン監督が受賞した。

新人男優賞は映画「不思議の国の数学者」のキム・ドンフィ、映画「ジャンルだけロマンス」のム・ジンソンが受賞し、新人女優賞は映画「ベイビー・ブローカー」のIUが受賞した。IUは同日、「春史映画祭」に参加する予定だったが、新型コロナウイルスの濃厚接触者となり、残念ながら出席できなかった。国際監督賞は「ベイビー・ブローカー」の是枝裕和監督が手にした。

同日、授賞式に参加したパク・ヘイルは「2003年、『嫉妬は私の力』で新人賞を受賞したが、20年たってまた受賞することになって感慨深い」と伝えた。タン・ウェイは映像を通じて「パク・チャヌク監督、脚本家のチョン・ソギョンさん、パク・ヘイルさんに感謝している」と伝えた。

またこの日不参加となったIUは、「女優人生で一度だけ許される新人賞を頂き、感謝している。参加のために3週間前からスケジュールを調整したが、濃厚接触者になってしまい出席できず、申し訳ない」とし「『ベイビー・ブローカー』は私に身に余るほどのプレゼントを届けてくれた作品だ。女優として頂いた最初の賞だ」と感激した。

「第27回春史映画祭」受賞者(作)リスト

◆最優秀監督賞:パク・チャヌク(「別れる決心」)

◆男優主演賞:パク・ヘイル(「別れる決心」)

◆女優主演賞:タン・ウェイ(「別れる決心」)

◆男優助演賞:パク・ジファン(「犯罪都市2」)

◆女優助演賞:オ・ナラ(「ジャンルだけロマンス」)

◆国際監督賞:是枝裕和(「ベイビー・ブローカー」)

◆新人監督賞:イ・サンヨン(「犯罪都市2」)

◆新人男優賞:キム・ドンフィ(「不思議の国の数学者」)、ム・ジンソン(「ジャンルだけロマンス」)

◆新人女優賞:IU(「ベイビー・ブローカー」)

◆脚本賞:キム・ハンミン、ユン・ホンギ、イ・ナラ(「閑山:龍の出現」)

◆技術賞:チェ・ヨンファン(「モガディシュ」)

◆功労賞:シン・スンス、イ・ジャンホ

◆観客が選んだ最高人気映画賞:「犯罪都市2」

記者 : ペ・ヒョジュ、写真:チョン・ユジン