シン・ハギュン&ハン・ジミン主演の新ドラマ「ヤンダー」メイン予告編を公開

Newsen |

写真=TVING
「ヤンダー(Yonder)」のメイン予告編が公開された。

韓国で10月14日に初公開されるTVINGオリジナルシリーズ「ヤンダー」は、死んだ妻からのメッセージを受け取った男性が、彼女に会える未知の空間“ヤンダー”に招待されることから繰り広げられる物語を描く。死者の記憶で作られた世界“ヤンダー”に向き合った多様な人々を通じて人生と死、永遠の幸せは何なのかという根本的な質問を投げかける。

公開された映像はベールに包まれた“ヤンダー”の秘密が少し剥がれ、注目を集める。妻のイフ(ハン・ジミン)を見送ったジェヒョン(シン・ハギュン)に、彼女からビデオレターが届く。「私はここにいる」という謎の一言が彼を見慣れないところに導く。そしてそこの「BY N BY」で会ったセイレン(イ・ジョンウン)とドクターK(チョン・ジニョン)は、分からない話でジェヒョンを混乱させる。彼が受け取ったメールが、死んだイフが送ったという事実を確認させるセイレンの姿に続き、「なぜ奥さんがブロフィンを選んだんでしょうか? 奥さんは死んだ後を具体的に想像したためです」というドクターKの説明が好奇心を刺激する。

ジェヒョンは複雑な感情を抱いて未知の空間“ヤンダー”に第一歩を踏み出す。その後、幸せだった生前の記憶が収められた世界が広がり、自身を迎える妻を信じられないように見つめるジェヒョン。「あなたに私の幸せな姿を見せたかった」というイフの言葉は、このすべてが予見された瞬間だったことを伺わせる。ここに「記憶が永遠に続く世界の中で生きていくのです。これであなたの死を素敵にデザインすることができます」とし、“ヤンダー”に導くドクターKの声は再び注目を集める。

シン・ハギュンは妻が死んだ後、空虚な人生を生きていく「サイエンスM」の記者ジェヒョン役に扮し、熱演する。亡き妻から謎のメールを受け、信じられない再会をし、その存在に混乱する。ハン・ジミンはジェヒョンの亡き妻イフとしてイメージチェンジを果たす。死んだ後、“ヤンダー”で新しい人生を迎え、ジェヒョンをそこに導く。イ・ジョンウンは人々を“ヤンダー”に招待する「BY N BY」の運営者セイレン、チョン・ジニョンは死に科学的に接近しようとするドクターKを演じる。“ヤンダー”という世界で繋がった4人の間でどんなストーリーが繰り広げられるのか、期待を高めている。

記者 : パク・スイン