チャン・グンソク、4年ぶりの復帰作…新ドラマ「犯罪の年代記」の撮影がスタート“どんな時よりも緊張”

OSEN |

写真=Craft42 Ent
俳優のチャン・グンソクが、4年ぶりに新ドラマでカムバックする。

8日、所属事務所Craft42 Entは「チャン・グンソクが、ドラマ『犯罪の年代記』にキャスティングされ、撮影に入った」と明らかにした。

「犯罪の年代記」は、残酷な現在の事件を通じて未解決事件の真実を暴く犯罪スリラーだ。同作は、特に3つの時間帯を通過しながら3つの事件を取り扱う予定で、興味深い内容となっている。

チャン・グンソクは、劇中で弁護士から特別採用され、捜査1科に入ったク・ドハン役を演技する。彼は、正義感溢れる人物であるク・ドハンに扮して、キャラクターと100%以上のシンクロ率を見せるものと期待される。

彼は最近、日本でシングル「Beautiful」をリリースして忙しい日々を過ごしている。「美男<イケメン>ですね」「テバク~運命の瞬間(とき)~」などで人気を博してきたが、今回2018年の「スイッチ~君と世界を変える~」以来、4年ぶりにドラマカムバックを果たし、旺盛な活動を繰り広げる予定だ。

「犯罪の年代記」は、「ボイス」「客—ザ・ゲスト—」「ペーパー・ハウス・コリア」などをヒットさせたキム・ホンソン監督がメガホンを取り、チャン・グンソクと共に作品を引っ張る。

チャン・グンソクは「この作品に出会うまで、4年半という長い時間を待っていました。どんな時よりもわくわくして、緊張する瞬間です。人生においてある一線を画すことができるキャラクターを作るために、最善を尽します」とし、堂々とした抱負を語った。

彼は、秋夕(チュソク:韓国のお盆)の挨拶も伝えた。「まもなく秋夕ですが、連休中に家族と一緒に温かい時間を過ごしてください。そしてドラマ『犯罪の年代記』にも多くの関心をお願いします」と伝えた。

毎回強烈な存在感を見せ、キャラクターに完璧になり切ったチャン・グンソクとキム・ホンソン監督が、どのような相乗効果を生み出すのか、早くも関心が高まっている。

・チャン・グンソク&ホ・ソンテら出演の新ドラマ「犯罪の年代記」台本読み合わせ現場を公開

・ユ・ソンジュ&パク・ミョンフン、新ドラマ「犯罪の年代記」に出演決定…チャン・グンソクらとの共演に期待

記者 : チャン・ウヨン