ユ・ソンジュ&パク・ミョンフン、新ドラマ「ミッキ」に出演決定…チャン・グンソクらとの共演に期待

Newsen |

写真=ACE FACTORY
俳優のユ・ソンジュとパク・ミョンフンが「ミッキ」に出演する。

Coupang Play「ミッキ」(演出:キム・ホンソン、脚本:キム・ジヌク)は、残酷な現在の事件を通じて未解決事件の真実を暴く犯罪スリラーだ。チャン・グンソク、ホ・ソンテ、イエリヤらがキャスティングされた。

劇中、ユ・ソンジュは中央地検の部長検事パク・サンド役を演じる。彼が見せる新しい顔に関心が高まっている。

長い間演劇の舞台で鍛えた実力を基に、2018年に韓国で放送されたJTBC「SKYキャッスル」で有名になったユ・ソンジュはドラマや映画、グローバルOTT(動画配信サービス)に至るまで精力的に活動し、様々な姿を見せてきた。特に、Netflixシリーズ「イカゲーム」「静かなる海」では、ディテールを生かしたリアルな演技で全世界から注目された。最近では、tvN「朝鮮精神科医ユ・セプン」で冷たく気難しい人物で計略の達人のチョ・テハク役に扮して、悪役として存在感を披露し、視聴者から注目を浴びている。

「ミッキ」で生まれつきの詐欺師ノ・サンチョン(ホ・ソンテ)と特別な縁を持つソン・ヨンジン役は、パク・ミョンフンが演じる。しっかりとした実力が感じられる演技力で作品ごとに強烈な印象を残した彼が、今作で繰り広げる活躍が期待される。

パク・ミョンフンは全ての作品で優れた演技力で強烈なキャラクターを誕生させ、名俳優の底力を見せつけた。映画「パラサイト 半地下の家族」で鳥肌が立つ熱演で世界中の観客から好評を博し、映画「ただ悪より救いたまえ」「ボイス」「サナヒ純情」「警官の血」でも多彩な演技を披露した。特に、Netflix「ペーパー・ハウス・コリア」では、劇中人物の二面性を最大化する熱演で再び世界から注目を浴びたことに続き、最近韓国で公開された映画「リミット」(監督:イ・スンジュン)まで、精力的な活動を続けている。

記者 : パク・スイン