キム・スヒョン&イ・ジョンジェからパク・ウンビンまで「2022 APAN STAR AWARDS」が受賞候補者リストを公開

MYDAILY |

写真=APAN STAR AWARDS
「2022 APAN STAR AWARDS」で、歴代級競争が繰り広げられる。

31日の午前「APAN STAR AWARDS」の事務局は、2021年3月から2022年7月まで放送された地上波、総合編成チャンネル、ケーブルチャンネル、OTT、ウェブの作品と出演俳優を対象にした、部門別受賞候補リストおよび候補作を発表した。

「2022 APAN STAR AWARDS」では、今年初めて「OTT受賞部門」を新設して目を引いた。OTTオリジナルコンテンツの地位が世界的に高まっている時代の変化を反映したものでNetflix、Disney+、seezn、Apple TV+、WATCHA、wavve、Coupang Play、TVINGなどOTTプラットフォームを通じて配信されたオリジナルコンテンツが審査対象だ。世界中でブームを巻き起こし、大人気を博した作品が多く含まれているほど、受賞結果にも関心が集められる。

OTT男子最優秀演技賞候補としてはキム・スヒョン(「ある日~真実のベール」)、ユ・アイン(「地獄が呼んでいる」)、イ・ジョンジェ(「イカゲーム」)、イム・シワン(「トレーサー」)、チョン・ジェイン(「D.P.」)が競争を繰り広げ、女子最優秀演技賞候補としてはキム・ゴウン(「ユミの細胞たち」)、キム・ソンリョン(「こうなった以上、青瓦台に行く」)、キム・ヘス(「未成年裁判」)、miss A出身のスジ(「アンナ」)、ハン・ソヒ(「マイネーム:偽りと復讐」)がノミネートされた。

「2022 APAN STAR AWARDS」のもう一つの注目ポイントは、連続ドラマ部門だ。K‐ドラマへの視聴者の関心が高まり、撮影現場の環境が改善され、最近多くのドラマがシーズン制で制作されており、シーズン制ドラマの強みであるストーリーの連続性が認められ、シーズン制ドラマを連続ドラマ部門に分類した。

連続ドラマ男子最優秀演技賞候補としてはオム・ギジュン(「ペントハウス」2、3)、ユン・シユン(「ヒョンジェは美しい」)、イ・テゴン(「結婚作詞 離婚作曲2」)、チュ・サンウク(「太宗イ・バンウォン」)、チ・ヒョヌ(「紳士とお嬢さん」)が、女子最優秀演技賞候補としてはキム・ソヨン(「ペントハンス」2、3)、パク・ジュミ(「結婚作詞 離婚作曲」2、3)、パク・ジニ(「太宗イ・バンウォン」)、オム・ヒョンギョン(「二番目の夫」)、チェ・ミョンギル(「赤い靴」)が選定された。

最も競争が激しい部門の中、一つである男子新人賞候補としてはカン・ヨンソク(「軍検事ドーベルマン」「インサイダー」)、パク・ソハム(「セマンティックエラー」)、ユン・チャニョン(「今、私たちの学校は」)、チェ・ヒョヌク(「ラケット少年団」「二十五、二十一」)、タン・ジュンサン(「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」「ラケット少年団」)が、女子新人賞候補としてはノ・ユンソ(「私たちのブルース」)、パク・ジフ(「今、私たちの学校は」)、チョン・ホヨン(「イカゲーム」)、チョ・イヒョン(「 トキメク☆君との未来図」「 今、私たちの学校は」)、チェ・ソンウン(「怪物」)が選ばれた。

毎話、華やかなラインナップを誇示するミニシリーズ部門男子最優秀演技賞候補としてはキム・ナムギル(「悪の心を読む者たち」)、ナムグン・ミン(「黒い太陽」)、ソン・ジュンギ(「ヴィンチェンツォ」)、2PMのジュノ(「赤い袖先」)、イ・ジェフン(「復讐代行人~模範タクシー~」)が、女子最優秀演技賞候補としてはキム・テリ(「二十五、二十一」)、パク・ウンビン(「恋慕」「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」)、ソ・ヒョンジン(「なぜオ・スジェなのか」)、シン・ミナ(「海街チャチャチャ」「私たちのブルース」)、イ・ハニ(「One the Woman」)が選定された。

「APAN STAR AWARDS」の歴代大賞はソン・ヒョンジュ(第1回)、ソン・ヘギョ(第2回)、チョ・インソン(第3回)、キム・スヒョン(第4回)、ソン・ジュンギ(第5回)、イ・ビョンホン(第6回)が受賞し、2020年に開催された「第7回APAN STAR AWARDS」の大賞はヒョンビンが獲得した。これに華やかな歴代大賞受賞者の後を継ぐ「2022 APAN STAR AWARDS」の大賞の主人公に、注目が集められている。

また、これまでグローバルスター賞を受賞したスターも話題を集めただけに、歴代グローバルスター賞を受賞したイ・ビョンホン、パク・ヘジンに続き果たして今年、誰が新たなグローバルスター賞の主人公になるか期待を高めている。

「2022 APAN STAR AWARDS」は社団法人韓国芸能マネジメント協会が主催・主管、スタジオM1が共同主管し、韓国芸能制作者協会、韓国レコード産業協会、韓国大衆文化芸術産業総連合、韓国マネジメント連合など関連団体が初めて公式的に認めた唯一無二の授賞式で、9月29日一山(イルサン)KINTEXで開催される。

記者 : ヤン・ユジン