BLACKPINK、米「2022 MTV VMA」でパフォーマンスを披露!K-POPガールズグループで初の快挙

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
BLACKPINKが8月28日(現地時間)、米・ニュージャージー州のプルデンシャル・センターで開催される米「2022 MTVビデオ・ミュージック・アワード」(以下「MTV VMA」)に出演する。

16日、YG ENTERTAINMENTは「BLACKPINKがこの授賞式を輝かせるスペシャルステージを準備している」とし「世界中のファンに意味のある瞬間をプレゼントするため、メンバーはもちろん、全てのスタッフが最善の努力を尽くしている」と明らかにした。

「2022 MTV VMA」はグラミー賞、ビルボード・ミュージック・アワード、アメリカン・ミュージック・アワードと共に、アメリカの4大音楽授賞式の1つに挙げられる。

このステージに上がるK-POPガールズグループは、BLACKPINKが初めてだ。ガールズグループ全体としてはTLC、スパイス・ガールズ、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)に次ぐ4番目。1987年から始まった「MTV VMA」の歴史を考えると、彼女らのグローバルな影響力と現在の地位をうかがわせる。

BLACKPINKが受賞するかどうかにも注目が集まっている。2年前「MTV VMA」で「How You Like That」で「Song Of The Summer」を受賞した彼女たちは、今回「Best Metaverse Performance」部門にノミネートされ、メンバーのリサはソロタイトル曲「LALISA」で「Best K-Pop」にノミネートされた。

彼女たちは「2022 MTV VMA」の出演に先立ち、8月19日に先行公開曲「Pink Venom」で世界中の音楽市場を盛り上げる予定だ。それから9月16日、2ndフルアルバム「BORN PINK」を発売した後、約150万人規模のワールドツアーに乗り出す。

BLACKPINKがメンバー全員そろってカムバックするのは約1年10ヶ月ぶりであり、YGの史上最高の制作費が投入された2編の新曲のミュージックビデオが予告されている。“YouTubeクイーン”の名声にふさわしい各記録の更新が期待される。

・BLACKPINK、新曲「Pink Venom」ビジュアルフィルムを公開…完全体で強烈な存在感

・BLACKPINK、新曲「Pink Venom」クレジットポスターを公開…メガヒット曲の誕生を予告

記者 : チ・ミンギョン