CNBLUE ジョン・ヨンファ&チャ・テヒョンら、新ドラマ「頭脳共助」に出演決定!脳疾患に絡む犯罪を解決する本格脳科学コミック捜査劇

TVREPORT |

写真=FNCエンターテイメント、Blossomエンターテイメント、The Queen AMC
CNBLUEのジョン・ヨンファ、チャ・テヒョン、クァク・ソニョン、イェ・ジウォンが、1つのドラマで一同に会する。

韓国で来年放送されるKBS新ドラマ「頭脳共助」(脚本:パク・ギョンソン、演出:イ・ジンソ、制作:SAMHWA NETWORKS)は、希少な脳疾患に絡む犯罪を解決する本格脳科学コミック捜査劇で、特別な脳を持つ脳神経科学者のシン・ハルが、騙されやすい脳を持つ刑事クム・ミョンセと反転を含む興味深い脳疾患の事件で共助していきながら、ファンタスティックなやりとりを見せる。

ジョン・ヨンファは、3代続く医師の家柄に、相続した財産まで持つ生まれながらのお金持ちで、脳神経科学者のシン・ハル役を演じる。法、金、女、孤独、死など、ワードを聞くだけでも重さが感じられるものに対して恐れることなく、自分の思った通りに行動し話す、堂々とした一面を持っているが、クズだと思う人間には慈悲なく接する人物だ。

チャ・テヒョンは、致命的に優しい魅力の利他的な脳の持ち主、刑事クム・ミョンセを演じる。不良そうなマッチョの雰囲気と荒い口調など、生計型腐敗刑事のような外見とは異なり、人間味あふれる優しい性格を持つ人物。「警察授業」「番外授業」などで真正性を持つ刑事を演じていたチャ・テヒョンは、クム・ミョンセ役を通じて、専売特許であるリアルな刑事役を披露する予定だ。

クァク・ソニョンは“小心者の脳”を持つ、法催眠捜査官のソル・ソジョン役に扮する。他の人よりもストレス反応に敏感で、部下に業務指示をするだけでも緊張する小心者だが、指示すれば全てこなす性格の持ち主。しかし、ある事件をきっかけに性格が180度変わる。

イェ・ジウォンは“性欲過多の脳”を持つ、クム・ミョンセの前妻、キム・モランを演じる。男をとっかえひっかえし、二股、三股するなど、抑えられない性欲の持ち主で、離婚後もクム・ミョンセに様々なお願い事をする図々しい女だ。

ドラマ「頭脳共助」は、韓国で2023年上半期放送予定だ。

記者 : パク・ソリ