CNBLUE ジョン・ヨンファ&チャ・テヒョンら、新ドラマ「頭脳共助」台本読み合わせ現場を初公開

MYDAILY |

写真=KBS
チャ・テヒョンとCNBLUEのジョン・ヨンファが、ドラマ「頭脳共助」で共演する。

韓国で2023年1月に放送されるKBS 2TV新月火ドラマ「頭脳共助」(脚本:パク・ギョンソン、演出:イ・ジンソ、ク・ソンジュン、制作:SAMHWA NETWORKS)は、いつもいがみ合う2人の男が希少な脳疾患に絡む犯罪を解決する本格脳科学コミカル捜査劇だ。特別な脳を持つ脳神経科学者のシン・ハルが、騙されやすい脳を持つ刑事クム・ミョンセとどんでん返しのある興味深い脳疾患の事件で協力して解決しながら、愉快なティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)と新しい笑い、共感のメッセージを届ける。

そんな中、「頭脳共助」の出演俳優たちと制作陣が初めて一堂に会して情熱溢れる姿を見せた、初めての台本読み合わせ現場が公開された。イ・ジンソ監督のセンス溢れる挨拶と俳優たちの熱意の溢れる意気込みと挨拶で和やかな雰囲気を醸し出した後、本格的な台本読み合わせが始まった。俳優たちはそれぞれ引き受けたキャラクターにあっという間に入り込み、実際の撮影現場を彷彿とさせる演技を披露したり、初めての出会いであるにもかかわらず、抜群のケミ(ケミストリー、相手との相性)で読み合わせ現場を盛り上げた。

まずジョン・ヨンファは、完璧なビジュアル、巧みな話術、“特別な脳”を持つ脳神経科学者シン・ハル役を務め、冷徹かつカリスマ性溢れる演技を披露した。彼は鋭い眼差しと適切にトーンの強弱を調節しながら強い印象を残した。チャ・テヒョンは、優しくて他人に配慮する、“利他的な脳”を持つ刑事クム・ミョンセ役に完全に入り込み、コミカルかつ人間味溢れる姿でキャラクターに立体感を与えた。彼は自然な演技と状況に合うアドリブを自由自在に駆使し人々を爆笑させ、ストーリーに活力を加えた。

クァク・ソニョンは“小心者の脳”を持つ、法催眠捜査官のソル・ソジョンに扮し、まるでドラマの中から飛び出してきたように、キャラクターに完全に入り込んだ姿を披露し、作品への格別な熱意を表した。イェ・ジウォンはクム・ミョンセの前妻であり、“性欲過多の脳”を持つ、キム・モラン役を務め、感情の変化を行き来する多様な魅力を見事に表現し、ドラマの適材適所で活気を吹き込んだ。

ここにチョン・ドンファン、ウ・ヒョン、キム・スジン、イム・チョルヒョンなどベテラン俳優たちはどっしりとした存在感で気運を高めた。チョン・ドンファンは彼ならではの優しいトーンと真剣な眼差しで慎重で落ち着いたファン・ドンウ役を見事に演じ、後輩たちから拍手を受けた。演技派俳優のウヒョンは神経科学チームの首長であり“更年期の脳”を持つキム・ギルジュン役を通じて、更年期男性の鋭敏さとむかむかする心情などを繊細に描き出し、爆笑させた。

さらに、キム・スジンはシン・ハルの唯一の家族であり、“中年の脳”を持つシン・ジヒョン役で登場し、落ち着いた口調と温かい眼差しでシン・ハルを心配する叔母役を卓越に表現した。イム・チョルヒョンは状況判断が早くて出世した“政治的な脳”を持つ、脳科学研究所のセンター長パク・チグク役に合わせて、他人の心理と状況把握が早い、ふてぶてしい演技を披露した。

このように、愉快な笑いと人々の感嘆の中で初めての出会いから抜群のチームワークを見せた“頭脳共助軍団”がお茶の間にどのような笑いと感動を届けるのか、早くも関心が集まっている。

記者 : ミョン・ヒスク