東方神起 ユンホ、新ドラマ「レース」への出演を前向きに検討中…「ハイエナ」の脚本家による新作

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
東方神起のユンホが新ドラマ「レース」への出演を前向きに検討中だ。

所属事務所のSMエンターテインメントは本日(2日)、マイデイリーとの電話取材で「ユンホがドラマ『レース』のソ・ドンフン役で出演オファーを受け、前向きに検討中だ」と明かした。

「レース」は、ドラマ「ハイエナ」を執筆した脚本家のキム・ルリの新作で、急変するデジタル時代を生きていく人々人生のレースを描く作品だ。これに先立って、イ・ヨニ、ホン・ジョンヒョン、ムン・ソリなどが出演オファーを受けて、検討中だと明かした。

ユンホは2004年に韓国で放送されたMBCシットコム(シチュエーションコメディ:一話完結で連続放映されるコメディドラマ)「ノンストップ4」を通じて初めて演技に挑戦した。その後、映画「Vacation」、ドラマ「No Limit~地面にヘディング~」「野王~愛と欲望の果て~」「夜警日誌」などに出演した。

「レース」への出演が実現した場合、2017年に韓国で放送されたOCNドラマ「メロホリック」以来、約5年ぶりのドラマ出演となる。そのため、久しぶりに俳優としてのユンホの姿が見れるかどうか期待が高まっている。

記者 : カン・ダユン