PRIKIL、デビュー曲「SOMEBODY」MVは韓国で撮影!FNC先輩からアドバイスも“優しくてオーラがすごかったです”

Kstyle |

昨年10月から日本テレビで放送され話題を呼んだデビューサバイバル番組「Who is Princess?」にて、過酷なサバイバルを勝ち抜き、選ばれた5人の最優秀練習生によるガールズグループ「PRIKIL」。デビュー前から、「関西コレクション」「東京ガールズコレクション」といった大型イベントに出演するなど異例の活動で注目を集めている彼女たちが、いよいよ5月4日にデビューシングル「SOMEBODY」をリリース!

ミュージックビデオを韓国で撮影した「SOMEBODY」から、「Who is Princess?」のテーマソングでもある「FUN」、ガールクラッシュな(女性から見てもカッコいい)一曲「Amazing Girls」と、デビューに相応しいシングルとなった本作。Kstyleではデビューを控えた彼女たちにインタビューを実施し、楽曲についてはもちろん、デビューまでの意識の変化について話を聞いた。

【PHOTO】“FNCサバイバル番組から誕生”PRIKILが待望のデビュー!黒髪から大変身でメンバーも衝撃「すごく似合ってる」

【プレゼント】PRIKIL直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&リツイート

――ついにデビューを迎えますが、今の心境を教えてください。

RINKO:デビューは私たちがずっと追いかけてきた夢なので、「PRIKIL」としてデビューできることが本当に嬉しいですし、ドキドキしています。

UTA:デビュー日が近づくにつれてワクワクしているのですが、不安な気持ちも少しあるので、気を引き締めて頑張りたいです。

NANA:デビューを目標に練習生活を頑張ってきたので、不安な気持ちもありますが、まずは楽しみたいと思っています。

RIN:ずっと目指してきたデビューが近づいてきてドキドキしていますが、楽しんで自分らしく過ごしたいと思っています。

YUKINO:私たちのデビューを待っていてくださる「PREMIER」(PRIKILのファンネーム)の皆さんにも、初めましての皆さんにも、カッコいい私たちの姿を見せられるように練習しています。新しいPRIKILを見ていただけるというワクワク感でいっぱいです。


念願のデビュー「ファンの皆さんと会えるのが楽しみ」

――PRIKILとして様々なメディアにも取り上げられていますが、周りからの反応は?

RINKO:元々見ていた雑誌やWEBメディアに自分が載っているということがビックリで、デビュー前でもプロのアーティストに近づけた気持ちで嬉しかったです。お母さんがPRIKILの出ている雑誌を全て買って、コレクションしてくれています。

UTA:友達から「UTAがいる! 金髪になってる!」って驚かれたりします(笑)。家族からは「ゆっくり話しすぎじゃない?」とか「もっと声を大きくしたほうがいいんじゃない?」ってアドバイスをもらいます。

NANA:お母さんが、出演した番組や記事を全て見てくれていて、写真やスクリーンショットを撮っているので、カメラロールがNANAだらけになっています(笑)。

RIN:お姉ちゃんが特に応援してくれているのですが、電話した時に「見たよ」とか「こういう衣装の時には、こんなポージングがいいんじゃない?」ってアドバイスしてくれます。

YUKINO:両親がすごく私のことを褒めてくれるので嬉しいのですが、UTAやRINみたいにアドバイスをもらうこともあります。友達には「YUKINOがテレビや雑誌に出ていると変な感じがする」って言われます。「HANABIです!」(「Who is Princess?」ミッション4でのチーム紹介の掛け声)の言い方をいじられたりしています(笑)。

――デビューシングルの特典としてファンとのふれあいも予定されていますが、楽しみにしていることは?

RIN: PREMIERの皆さんと会えるのが本当に楽しみです。限られた時間にはなってしまうのですが、楽しい時間を過ごしていただけるように最善を尽くしたいです!

YUKINO:PREちゃん(PREMIER)と会うために、毎日頑張っているので、実際に会えたらたくさんお話したいです。ずっと直接話したかったので、叶うならば何時間でも一緒に過ごしたいです!

――デビューシングルに収録される「SOMEBODY」「FUN」「Amazing Girl」それぞれの曲について紹介してください。

RINKO:「Amazing Girl」は歌詞の中に「叶えたいどんな夢も叶う」というフレーズがあって、夢を追っている人を「私なら大丈夫!」と元気づける、応援ソングになっています。

NANA:「SOMEBODY」は私たちにピッタリな曲で、「これからの私たちは誰にでもなれる、どこへでも行ける」という前向きなメッセージがこめられていて、パワフルな曲です。聴くだけで元気になれます。

RIN:「FUN」は「Who is Princess?」のテーマソングだったので、一番思い入れのある曲です。「私は私らしく」というメッセージがこめられた、強い部分もありカッコ可愛い、私たちらしい曲になっています。


“クルクルダンス”に注目のデビュー曲「SOMEBODY」

――「SOMEBODY」「FUN」は番組でも審査員として交流があったGALACTIKA *さんの楽曲です。レコーディングなどでお会いして、どんなお話をしましたか?

YUKINO:「SOMEBODY」のレコーディング中にGALACTIKA *さんとオンラインでお話をしました。とても光栄だったのですが、ガチガチに緊張してしまって……。みんなでGALACTIKA *さんにポーズをすると、ノリ良く返してくださったので、そうやって緊張をほぐしながらレコーティングしました。「テンションを上げて自分らしさを出してみて」「始まりの子音は強い方が良いよ」とか、アドバイスをしてくださいました。

UTA:本当にたくさんのアドバイスをいただいて、私たちもそのアドバイスに対して返すことができたので、対応力が上がったんじゃないかなと思います。GALACTIKA *さんは上手く歌えると、こうやって(サムズアップ)してくれました。

――それぞれの楽曲で好きな箇所、リリックやフレーズはどこですか?

RINKO:私は「SOMEBODY」のダンスで、みんなで一列になっている所から広がって、また横一列になる部分が好きです。1人ずつ歩いている所から、列になって「PRIKIL」になるという迫力のあるフォーメーションなので、圧倒されるような力を感じていただけたらなと思います。

UTA:「FUN」は全体的にガールクラッシュな歌詞なのですが、「太陽も嫉妬しちゃう」という所が特にカッコよくて好きです。

NANA:「SOMEBODY」の2番にラップのような箇所があるのですが、「これでいいの」というフレーズが、振り付けも含めて“強い女性”という感じがして好きです。

RIN:「SOMEBODY」の私のパート「I know I know」からの「1・2・3」までが、ドカンとくる歌詞ではないのですが、しっかり歌詞を噛み締めながら歌うと、自分にピッタリなフレーズだなと感じています。パフォーマンスする時もすごく楽しいです。

YUKINO:「FUN」の「調子にのっているんじゃない、自信を持っているんだ」という歌詞がとても好きで、初めて歌詞を見た時から一番印象に残っています。調子にのることと、自信を持つことは全然違うものなので、私たちも自信を持って前にどんどん進んでいこう! と思える歌詞になっています。

――「SOMEBODY」で好きな振り付け、ファンの方に真似して欲しい振り付けはどこですか?

NANA:サビの部分で、両手を頭の横でクルクルする“クルクルダンス”は簡単なので、ぜひ真似してほしいです。

RIN:サビのラストで「SOMEBODYポーズ」をする箇所があって、やっていて楽しいので皆さんにもやっていただきたいです!

――「FUN」「SOMEBODY」でのKiel Tutinさんの振り付けで印象的だったこと、勉強になったことは?

YUKINO:ダンスブレイクの部分にジャンプがあるのですが、それ以上に大変なのが「SOMEBODY」のサビです。“クルクルダンス”を腕でやりながらも、下半身の力は抜けないので、皆さんが思っている以上に体力が必要なんです。座ったり立ったりの動きも多いので、とても鍛えられたと思います。


MVは韓国で撮影!FTISLAND&SF9ら先輩とも交流

――「SOMEBODY」のミュージックビデオは韓国で撮影されたそうですね。印象に残っていることはありますか?

RINKO:2日間みっちり撮影をしていたので、最後の方はみんな疲れが出てきていたのですが、シルバーのキラキラした紙吹雪が舞う中で撮影していたら、口の中にいっぱい入ってきて笑ってしまいました。スタッフの皆さんがすごく優しくて「頑張れ~!」と言ってくれたので嬉しかったです。

UTA:カメラワークもすごく面白かったです。ダンスブレイクのジャンプの時に、カメラマンさんも同時にジャンプしたりして動いてくださって。初めての撮影方法だったので驚きました。

――韓国の食事やお買い物は楽しめましたか?

NANA:撮影中のご飯が本当に美味しかったです。ケータリングトラックが来て、朝昼晩で温かい韓国料理を出してくださったので、撮影中なのに食べすぎてしまいました……(笑)。韓国ドラマでよく見る、串に刺さったオデンが特にお気に入りでした。

RIN:みんなでカフェに行った時に、韓国で流行っているクマちゃん型のマカロンを食べることができたのが良い思い出です。

――韓国の媒体の取材も受けたそうですね。

YUKINO:韓国のファッション雑誌「MAPS」の取材があったのですが、今までにないメイクやファッションが新鮮でした。RINKOと私でユニット撮影をしたのですが、ローラースケートをはいて、2人でフラフラと支え合いながら頑張りました(笑)。とても楽しくて、キリッと決めた顔だけではなくて、全力の笑顔のカットもあって。良い経験になりました。

RINKO
――所属するFNCエンターテインメントの先輩方との交流はありますか?

RINKO:韓国でFTISLANDのイ・ホンギさんとお会いしたのですが、優しくてオーラがすごかったです。大先輩として、「歌を上達させるには努力が大切。毎日練習を重ねるほど、上手になっていくんだよ」と言ってくださったので、私もメインボーカルとして歌の練習をもっともっとしていこうと思いました。ホンギさんの曲もたくさん聴いて、良い所を取り入れていきたいです。

UTA: FTISLANDのイ・ジェジンさんともお話ししたのですが、マネージャーさんやスタッフさんとすごく仲が良く、とても親切に接していらっしゃったので私も見習いたいなと思いました。

NANA:先輩方は皆さん良い方でもっと大好きになりました。Cherry Bulletのボラさんと事務所ですれ違った時には、帽子にマスク姿でも可愛すぎてビックリしました! 手を振っていただいて、すごく優しかったです。

RIN:SF9のジュホ先輩にもお会いしたのですが、最初は暗い場所でマスクをされていたので、お顔がちゃんと見えなくて。でも背が高くてスタイルが素晴らしいので、オーラがすごかったです(笑)。

YUKINO:私はN.Flyingのユ・フェスンさんにお会いしたのですが、私たちが挨拶した時に「3日前にジェヒョンと一緒に動画を見たよ~」と言ってくださって、本当に私たちを知ってくださっているんだ! って嬉しかったです。


メンバーの変貌ぶりに衝撃「すごく似合ってる」

UTA
――髪色がガラッと変わりましたが、お互いの変身ぶりを見ていかがですか?

NANA:衝撃的だったのはUTAちゃんです。髪の毛が短くなって、さらに金髪に! すごく似合っていて、MV撮影の時もバービー人形のようですごく可愛かったです。

UTA:ありがとう!

――今後やってみたい髪型やコンセプトなどはありますか?

RINKO:NANAの様な黒髪ロングで前髪ぱっつんが大好きなので、いつかやってみたいです。

UTA:私はおでこをいい感じに出してもらう様な……。

RINKO・NANA・RIN・YUKINO:いい感じに?!(笑)

UTA:とにかくおでこを、いい感じにしていただきたいです!

NANA:私はロングが好きなので、ロングのままでいつか青にしてみたいです。

RIN:前髪を伸ばしてかきあげスタイルにしたいです。

YUKINO:真っ赤な髪色をやってみたいです。以前ウィッグを被ったことがあるのですが、赤色がすごく好きで。まずは、黒髪でインナーだけに真っ赤な色を入れてみたいです。

NANA
――メイン衣装だけではなく、色々な衣装を身につけていますよね。お気に入りの衣装や今後着てみたい衣装はありますか?

YUKINO:お気に入りは今着ている衣装(TOPAZバージョン)で、今後着てみたいのはプリンセスの衣装です。カッコ可愛い、PRIKILらしいプリンセスの格好をしてみたいです。

RIN:お気に入りはDIAMONDバージョンの衣装で、いつかスーツを着たいです! カッコいいに振り切った、ITZYさんのような衣装に憧れます。

NANA:私もDIAMONDバージョンの衣装が好きで、着てみたい衣装は真っ白なプリンセスのドレスです。

UTA:私もDIAMONDバージョンが一番お気に入りです。一度でいいので、みんなでダボダボのズボンの衣装を着てみたいです。

RINKO:AMETHYSTバージョンの衣装が好きで、スカートが可愛くてリボンがついているのがお気に入りです。衣装ではないかもしれないのですが、ライブやイベントで着ぐるみを着てみたいです! ハロウィンには仮装をして踊ってみたいです。


デビュー前から大型イベントにも出演!目指すグループの姿は?

RIN
――ファッションといえば、関西コレクションや東京ガールズコレクションにも出演されました。大きなイベントに出演した感想は?

YUKINO:デビュー前からたくさんの機会をいただいて本当にありがたいです。最初は関西コレクションに出演したのですが、待機していると廊下からたくさんの有名人の方々がいらっしゃって、「この中にPRIKILが出るんだ」とすごく緊張しました。でもステージに上がってからは、とても楽しくて。ペンライトを振ってくれたり、うちわやプラカードを持ってくれている方もたくさんいて、嬉しかったです!

――デビューに向けて新たにはじめた体力作り、美容面の意識やトレーニングなどがあれば教えてください。

NANA:朝少し早く起きて、RINとマネージャーさんとランニングをはじめました。

RIN:ダンスのためには体力が必要だと思うので頑張っています。

YUKINO
――RINKOさんがリーダーに就任されましたが、メンバーそれぞれの役割としてどんなことを頑張っていきたいですか?

RINKO:リーダーに就任したこともビックリで、最初はみんなを引っ張っていけるかな? と心配だったのですが、みんなに助けられながら、意識も高まってきました。リーダーとして、挨拶やトークも最初にすることが多いので、責任を持ってしっかりやっていきたいと思っています。

UTA:私は最年長なので、メンバーの状態を察して動ける人になりたいですし、ムードメーカーという役割を任されているので、楽しく盛り上げていきたいです。

NANA:メインダンサーを担当しているので、私がもっとダンスの実力をあげて引っ張っていきたいと思っています。メンバーがダンスで分からない部分があったらどんどん教えて、サポートしていきたいです。

RIN:リードボーカル担当でラップもしているのですが、メインボーカルのRINKOを助けつつ、ラップの部分でカッコいい曲に仕上げられるように技術を上げていきたいです。

YUKINO:PRIKILの中では明るさ担当といいますか、落ち込んでいるメンバーがいたら励ませる人でいたいです!

――これからPRIKILとしてどんな活動をしていきたいですか?

YUKINO:いよいよデビューということで、世界中の方に知っていただくチャンスがやってきたのですが、もっともっと努力してみなさんにカッコいい姿をお見せしたいです。まだPRIKILを知らない方にも「こんなグループがあるんだ!」と驚きを与えられるように、カッコ可愛いグループにしていきたいです。応援よろしくお願いいたします!

取材:中村梢 / 撮影:前手秀紀



■リリース情報
デビューシングル「SOMEBODY」
好評発売中

○初回生産限定盤A(CD+DVD)
価格:¥1,900(税込)FNCD-10092/3

<CD>
01. SOMEBODY
02. FUN
03. Amazing Girls

<DVD>
・「SOMEBODY」Music Video
・「SOMEBODY」Jacket Shooting Making Movie(約10分)
※応募券封入(オンラインイベントまたはプレゼント抽選に応募可能)
※トレーディングカード初回Aver.全6種のうち1種ランダム封入

○初回生産限定盤B(CD+フォトブックレット)
価格:¥1,700(税込)FNCD-10094

<CD>
01. SOMEBODY
02. FUN
03. Amazing Girls

<ブックレット>
・28Pフォトブックレット封入
※応募券封入(オンラインイベントまたはプレゼント抽選に応募可能)
※トレーディングカード初回Bver.全6種のうち1種ランダム封入

○通常盤(CD)
価格:¥1,400(税込)FNCD-10095

<CD>
01. SOMEBODY
02. FUN
03. Amazing Girls
※応募券封入(オンラインイベントまたはプレゼント抽選に応募可能)
※トレーディングカード通常盤ver.全6種のうち1種ランダム封入

○PREMIER盤(CD)
価格:¥1,100(税込)
-RINKO:FNCD-10096
-UTA:FNCD-10097
-NANA:FNCD-10098
-RIN:FNCD-10099
-YUKINO:FNCD-10100

<CD>
01. SOMEBODY
02. FUN
※応募券封入(オンラインイベントまたはプレゼント抽選に応募可能)

発売 / 販売元:FNC ENTERTAINMENT JAPAN INC.

■関連リンク
PRIKIL公式サイト:https://prikil.jp

記者 : Kstyle編集部