キム・ナムギル&少女時代 ソヒョン&ユ・ジェミョンら、Netflixオリジナル「盗賊:剣の音」に出演決定

TVREPORT |

写真=GILSTORY ENT、NAMOO ACTORS、ACE FACTORY、マネジメントエアー、YG ENTERTAINMENT
Netflixが新しいシリーズ「盗賊:剣の音」の制作確定とともにキャスティングを発表した。

Netflixが「悪い奴ら:悪の都市」「元カレは天才詐欺師 ~38師機動隊~」のコンビであるハン・ジョンフン脚本家とファン・ジュニョク監督が手を組んで、初の時代劇「盗賊:剣の音」を制作する。「盗賊:剣の音」は激動の日本統治時代の朝鮮、それぞれの事情で間島に向かった人たちが、韓国人の基盤を守るために繰り広げるアクション活劇だ。

そして今回、「盗賊:剣の音」の出演者も発表された。「悪の心を読む人たち」「熱血師弟」「殺人者の記憶法」などで吸引力のある演技を披露してきたキム・ナムギルが、イ・ユン役を務める。イ・ユンは日本軍出身だが、全てを捨てて間島に向かい、その土地と人々を守る盗賊になった人物だ。

Netflix映画「モラルセンス ~君はご主人様~」をはじめ、「私生活」「時間」「こんにちは、ドラキュラ」などで自身だけのフィルモグラフィを積み重ねてきた少女時代のソヒョンは、本当の正体を隠している朝鮮総督部の鉄道局課長ナム・ヒシン役でイメージを塗り替える。

「キングメーカー」「ホームタウン」「音もなしに」「梨泰院クラス」などを通じて優れた演技力で視聴者を劇の没入感を高めたユ・ジェミョンは、義兵長出身で、間島に定着した朝鮮人村の支柱チェ・チュンスを演じる。「マイン」「先輩、その口紅塗らないで」「サーチ」などで強烈な印象を残し、Netflixシリーズ「ブラックの花嫁」で活躍を控えているイ・ヒョヌクは、イ・クァンイルを演じる。彼は機械主義的な日本軍幹部で、イ・ユンとはひどい悪縁で絡む人物だ。

「人質」「分かっていても」などで繊細かつタフな演技を披露しながら浮上しているイ・ホジョンは、イ・ユンを殺せという依頼を受けて間島へ向かう拳銃使いオンニョン役を演じる。

1920年代、無法天地の間島を背景に日本軍、独立軍、請負業者、馬賊、そして生活の基盤を奪われた韓国人たちがそれぞれの目的でお互いに銃口を向けながら繰り広げられるドラマに、早くも期待が集まっている。これとともに、イ・ユンを筆頭にした盗賊たちが朝鮮人とその基盤を守るために繰り広げる痛快なアクションがとして見どころ豊富だ。

「盗賊:剣の音」は「悪い奴ら:悪の都市」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」で、華やかで痛快なアクションとドラマを見せたハン・ジョンフン脚本家とファン・ジュニョク監督が再び意気投合した作品だ。

二つの作品でメインプロデューサーとして活躍したファン・ジュニョク監督は、今回の作品を通じて「ブラックドック」に続き、最高の演出力を誇る予定だ。「悪い奴ら」と「バンパイア検事」シリーズ、映画「悪い奴ら:The Movie」のハン・ジョンフン脚本家も「盗賊:剣の音」でもう一度視聴者の心を掴む準備を終えた。企画はスタジオドラゴンが、制作は「ブラックドッグ」「ラジオロマンス」「悪い奴ら:悪の都市」のUrban Worksと「キングダム: アシンの物語」「智異山」のBaram Picturesがタッグを組んだ。

キム・ナムギル、ソヒョン、ユ・ジェミョン、イ・ヒョヌク、イ・ホジョンが共演する「盗賊:剣の音」はNetflixで公開される予定だ。

記者 : パク・ソリ