チュ・ジフン、ドラマ「智異山」放送終了の思いを語る“エンディングシーンに感動した”

OSEN |

写真=tvN
チュ・ジフンが、ドラマ「智異山」放送終了の感想を伝えた。

韓国で12日に放送が終了したtvN15周年特別企画「智異山」で熱演を披露したチュ・ジフンが、所属事務所H&エンターテインメントを通じて作品を離れる残念な気持ちを明かした。

チュ・ジフンは「準備期間まで含めたら、『智異山』と共にして早1年半という時間が過ぎた」とし、「長い時間を突っ走ってきただけに、終われば清々しい気持ちになると思っていた。しかし、寂しい。本当に清々しい気持ちや残念な気持ちが同時にある」とし、終了に対する気持ちを打ち明けた。長い間、誰よりも最善を尽くしたチュ・ジフンの愛情が垣間見える。

記憶に残るシーンついて、彼は第16話のエンディングシーンを挙げた。チュ・ジフンは「ネタバレになりかねないので詳しく説明することはできないけれど、第16話のエンディングシーンを撮る時の過程もすごかったし、感動もあった」と付け加え、期待を高めた。続いて「ヒョンジョがエンディングを迎えるかどうかは、放送を通じて確認してほしい」と話した。

最後にチュ・ジフンは「これまで『智異山』を愛して応援してくださった視聴者の方々に本当に感謝を言いたい。私はまもなく映画でご挨拶する」と述べた。

チュ・ジフンは「智異山」で、山と人を守るレンジャーのカン・ヒョンジョ役を完璧に演じ、自身の底力をもう一度見せた。過去と現在の間でしっかりとバランスを取るチュ・ジフンの演技は、人々がドラマに集中できる原動力を作った。

チュ・ジフン流の高密度の演技はドラマの流れや様々な感情のうねりを作った。放送の序盤、智異山(チリサン)への発令を受けたカン・ヒョンジョは、何でもやり遂げる熱い情熱と未熟な一面を行き来する新米レンジャーらしい初々しさで視聴者を楽しませた。

その後、カン・ヒョンジョは一瞬にして雰囲気を180度変えた。自身にしか見えない幻影が、山で事件が発生するかを暗示して緊張を高め、自身の前に迫ってきた危険を冒して人々を救おうとする徹底した使命感は、大きな感動を与えた。そこに思いがけない事故で昏睡状態に陥ったが、彼の生き霊は智異山を彷徨って、強烈な衝撃を与えた。

このように激変するカン・ヒョンジョの叙事と感情の渦が、ドラマ全体を揺るがした中、チュ・ジフンは毎回安定したキャラクターを披露して作品を牽引した。眼差しから表情、声の高低と台詞のテンポなど、細かいところまで繊細に差をつけて、キャラクターをより一層リアルに表現した。

「智異山」を通じて限界のない演技力と信頼できる俳優の貫禄を証明したチュ・ジフン。彼は韓国で来年公開を控えている映画「ジェントルマン」と「サイレンス」などにも出演する。

記者 : パク・ソヨン