WEi キム・ヨハン&チョ・イヒョンら出演、新ドラマ「学校2021」ハイライト映像を公開

MYDAILY |

写真=KBS
「学校2021」が夢に一歩近づいた18歳の若者のストーリーが始まる。

本日(24日)韓国で初放送されるKBS 2TV水木ドラマ「学校2021」は、作品を通じて輝く青春の1ページを書いていくWEiのキム・ヨハン(コン・ギジュン役)、チョ・イヒョン(チン・ジウォン役)、チュ・ヨンウ(チョン・ヨンジュ役)、ファン・ボルムビョル(カン・ソヨン役)の姿を収めたハイライト映像を公開した。

同作は入試競争ではなく、別の道を選んだ、曖昧な境界に立った18歳の若者たちの夢と友情、ときめきの成長ストーリーを描く。

ハイライト映像は、夢に対してそれぞれ違う考え方を持つヌルチ化学技術高等学校の生徒たちの関係を描き、好奇心を刺激する。事あるごとに絡み合って、犬猿の仲なのか、恋なのか分からないキム・ヨハンとチョ・イヒョンのロマンス、またキム・ヨハンに敵意を持つチュ・ヨンウとそんな彼の行動を受け入れるキム・ヨハンのすれ違う友情、ファン・ボルムビョルとソ・ヒソン(コ・ウンビ役)の友情と愛憎を行き来する妙な感情など、多様な関係性は視聴者の目と耳を釘付けにする予定だ。

一方で主人公4人の複雑な縁はもちろん、今を生きる若者たちの苦痛も描く予定で、さらに注目が集まっている。苦しい家計、進路をめぐる両親との葛藤、今を縛る過去、血がにじむほど努力しても超えられない持って生まれた背景など、彼らが置かれた現実は共感を引き出すという。果たして4人が輝く青春の裏をどのように描いていくのか、気になるところだ。

さらにチョ・イヒョンの「何かあったら、必ず私に言うんだよ。私はあなたの味方になるから」と心強い一言は、現実の中で奮闘する若者たちがお互いに頼って慰めつつ、展開していく成長ストーリーを期待させる。

記者 : チョン・ジヒョン