シム・ダルギ&PENTAGON ホンソクら出演、新ドラマ「影美女」予告映像第1弾を公開…ミステリアスな二重生活

OSEN |

写真=Kakaoエンターテインメント
「影美女」が、シム・ダルキのミステリアスな二重生活を収めた予告映像第1弾を公開した。

11月20日(土)に初公開されるKakao TVオリジナル「影美女」(脚本・演出:バン・スイン)は、学校ではいじめを受けているが、SNSでは華やかなスターの“ジニ”として生きる女子高生ク・エジン(シム・ダルギ)のスリリングな二重生活を描くドラマだ。

KakaoPageで連載されて人気を博した同名のウェブ漫画を原作にした「影美女」は、現実とSNSの世界の180度異なる二重生活に加えられたミステリーコードや、緻密な心理戦を予告し、公開への期待を高めている。

今回公開された予告映像第1弾は、学校ではいじめを受けているが、SNSではフォロワー数77万人の超セレブ“ジニ”になるク・エジンのギャップのある日常を収めている。ここにク・エジンをいじめるヤン・ハヌル(ホ・ジョンヒ)と彼女の唯一の友人イ・ジンソン(PENTAGONのホンソク)の登場は、サンシル高等学校を背景に繰り広げられる彼らの関係が好奇心をくすぐる。

特に今回の予告映像は、クラスでヤン・ハヌルにいじめられるク・エジンの学校生活に、ミステリアスな雰囲気を醸し出すBGMが加わえられ、スタートから強烈なインパクトを与える。また、学校での姿とは180度異なる、ク・エジンの放課後の日常が繰り広げられ、一瞬にして映像の中に引き込ませる。学校でいじめを受ける姿ではなく、華やかなメイクや衣装でおしゃれして、大胆なポーズを取るジニに変身する。

ここに、学校で唯一ク・エジンの友達となるイ・ジンソンとの出会いが描かれ、雰囲気が一変する。誰かに似ているというイ・ジンソンの言葉にク・エジンは緊張するが、すぐに「そうだ! 鬼」と明るい表情で答えるシーンは、まるで爽やかな学園ロマンスのワンシーンのようだ。何よりもう一度、雰囲気を一変させるエンディングシーンは、鳥肌が立つほど強力な印象を残す。モニター画面に釘付けになっているク・エジンの狂気じみた表情を捉え、「影美女」で繰り広げられる彼女のミステリアスな二重生活に対する好奇心を刺激した。

これに「影美女」の制作陣は、「現実とSNSで、極端に違う人生を生きているク・エジンのストーリーに投影されたミステリーとサスペンスコードが、手に汗を握る緊張感を与える予定だ。最初から目を離すことができない展開でドラマに引き込ませるため、20日(土)に1、2話を一緒に公開する。多くの関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

「影美女」は20日(土)午後8時に、1、2話が同時に公開される予定だ。

記者 : パク・パンソク