IU&TWICE&JYPパク・ジニョン代表も…スターたちが続々と2AMの新曲を絶賛

OSEN |

写真=文化倉庫
1日、新しいミニアルバム「Ballad 21 F/W」を発売した2AMに、様々な分野で活躍する先輩・後輩スターからの応援が続いている。

ダブルタイトル曲「サヨナラなんて」をプレゼントしたJYPエンターテインメントの代表パク・ジニョン(J.Y. Park)をはじめ、キム・ヨンギョン、RAIN(ピ)、IU、TWICE、GOT7のベンベン、Red Velvetのスルギ、MONSTA Xのミニョク、AKMUのスヒョンなどがそれぞれのSNSに、2AMのニューアルバムの発売を宣伝する写真と、短いコメントを投稿した。女優キム・ユジョン、キム・セロン、チェ・ウシク、ユン・バク、バク・ギュヨン、チョン・ヘソンらも応援し、注目を集めた。

パク・ジニョンは「声も心も美しい2AM」という愛情のこもった文章と共に、リアリティのメイキングフィルムへの期待を呼びかけた。キム・セロンは「2AMだから聞かないと。バラードの皇太子たち、登場」と綴り、ユン・バクは「僕の好きな声が勢ぞろい」と好評した。IUは落ち葉の絵文字と共に2AMのダブルタイトル曲「近くにいて知らなかった」の音源ストリーミング画面をキャプチャーして投稿した。

写真=各SNS
ミニアルバム「Ballad 21 F/W」は、今の季節にぴったりなバラード曲で構成されている。HYBEのパン・シヒョク議長とパク・ジニョンをはじめ、有名プロデューサーらが大勢参加して完成度を高め、これは音楽ランキングの成績に繋がった。

2AMはダブルタイトル曲「近くにいて知らなかった」をリリース後、音楽配信サイトBugs!のリアルタイムランキングで1位になり、現在も最上位をキープしている。アルバムに収録された全曲がチャートインに成功するなど、人気の高さを証明した。

このように、2AMは久しぶりにニューアルバムを発売したため、その分ハイクオリティなアルバムを作るため心血を注いだ。ダブルタイトル曲「近くにいて知らなかった」と「サヨナラなんて」は、歌詞とミュージックビデオが繋がるストーリー構成で、特別な面白さを提供した。また、メンバーらのより深まった感性とボーカルで冬に聴きたい完成度の高いアルバムとなった。

・2AM、ダブルタイトル曲のMVを公開…2PM ジュノ&キム・ソヒョンが恋人役として共演

・2AM、ニューアルバム「Ballad 21 F/W」ハイライトメドレーを公開…今の季節にぴったりな楽曲

記者 : チ・ミンギョン