放送終了「狂わなくては」チョン・ジェヨン&ムン・ソリ&イ・サンヨプ、激しい戦いの末に迎えた結末は?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「狂わなくては」放送画面キャプチャー
激しかった会社員たちの物語が幕を下ろした。

26日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「狂わなくては」最終回では、大手企業から退社した後、「バンストーンカンパニー」を立ち上げたチェ・バンソク(チョン・ジェヨン)が成功する姿が描かれた。

この日、バンソクはシン・ハンス(キム・ナムヒ)、タン・ジャヨン(ムン・ソリ)、ソ・ナリ(キム・ガウン)の合流で、まともに見える「バンストーンカンパニー」を立ち上げた。ハンスがハンミョン電子を離れた理由は、姉のシン・ジョンア(チャ・チョンファ)と開発1チームのキ・ジョンヒョン(ドン・ヒョンべ)の愛情溢れるシーンを目撃したからだということが明かされ、バンソクは父親の土地2000坪を担保にして会社をスタートさせた。

ささやかな会食の後、ジャヨンは「DSドクターの成功は目に見えている」とバンソクを選んだ理由を説明した。そんなジャヨンのおかげで会社は形を整え始めた。タン専務になった彼女は「最短時間内にバンストーンカンパニーの技術を知らせて、固定の顧客を確保しなければならない」と20年間世話になったハンミョン本社の常務に助けを求めた。その裏には新生会社だという理由で打ち合わせさえなかなか決まらない事情があった。

本社を通じてDSドクターの資料をもらったハン・セグォン(イ・サンヨプ)は、ナリまで共にする姿を見てため息をついた。A&Cとの打ち合わせが決まったが、バンソクは「セグォンに頭を下げろというのか。もうこれ以上努力を無駄にすることは嫌だ」と否定的な反応を見せた。するとジャヨンは「必ずしなければならない」とし、安定的な資金確保のために大手企業との契約が大事だと強調した。

みんなが気まずい打ち合わせでセグォンは「過去は過去であるだけだ。僕はA&Cのクライアントとして来た。契約が失敗しても私的な感情ではない」と話した。発表が終わった後、セグォンは「故障診断よりは発展した技術であることは分かったが、だめだ。開発者たった2人が大手企業に入る技術を作るなんて、ありえない。会社をもっと大きくしてからまた来てください。お疲れ様」と拒絶のニュアンスを醸し出した。

するとジャヨンは「嬉しい? 私たちも一緒に喜びたい」とささやき、ハンスは「僕たちが落ちたらプライベートな感情で落としたと噂を流しますよ」と脅迫した。ナリは「ホームトレーニング用ミラーの時に私を苦労させたから、今回はそれを返すと思ってうまくやってほしい」と話した。バンソクは握手はせず、90度に体を曲げて「よろしくお願いします」と伝えた。バンストーンカンパニーはハンミョンA&Cとサービス契約を締結し、歓呼した。

ハン・スンギ社長(チョ・ボクレ)はA&Cとのホームトレーニング用ミラー競争をしたせいで、チャンイン事業部の価値が下がると、すぐにA&Cの代表ハン・スンジンに「ホームトレーニング用ミラーの事業から撤退しなさい」と要求した。そして、占めていた土地を渡すこととセグォンを整理することまで条件として出した。セグォンはその場で捨てられ、さらにハン社長に慰謝料を支払わなければならない状況になった。

これに従って、バンソクの会社の契約権もハンミョン電子に渡った。ハンミョン側はDSドクターの技術が新生だという理由だけで安い値段で会おうとし、ジャヨンとバンソクは提案を断った。「窃盗もほどほどにしなさい」と叫ぶバンソクに、ジャヨンは「新しい取引先を探せばいい」と慰めた。ハンスは良い技術さえあれば大手企業の投資が保証されるベンチャー企業投資公募展に出ることを提案した。

一方、1日で捨てられたセグォンは苦しんだ。そんな彼を1人で心配していたナリは「壊れるところも嫌じゃないなんて、私、あなたのことがまだ好きみたい。やり直そう」と言った。セグォンはそんなナリに感謝と申し訳ない気持ちを伝えた。そして屈辱に耐えながらハン社長から受けた慰謝料3億ウォン(約3000万円)をバンストーンカンパニーに投資した。

もちろんこの事実を知ったバンソクは「絡みたくない」と投資金を断ろうとした。するとセグォンは「僕が与えた損害の返済だと思ってほしい」と話した。ジャヨンは「すでにサーバーの代金などに2千万ウォンも使った」と他の方法がないことを明かすと、微笑んだセグォンは「公募展の賞金で返しなさい」と話した。

順調に公募展の準備が行われるように見えたが、仇敵は一本橋で出会った。過去、ハンスが激奮して豚肉で首を絞めた上司が公募展の審査委員として出てきたのだ。もちろん、ハンスの憤怒に火をつけたのはその上司の暴行行為だった。しかし賞金と投資が切実な現在の状況に、ハンスが発表者として出るのは危ない選択だった。

この緊急事態を受けて、バンソクが代表として発表の舞台に上がった。緊張していたバンソクは水を飲みながら心を整理した。キューカードを下ろした彼は会社から解雇されるところだった経験に例えて、共感度の高いストーリーテリングを与え、DSドクターの技術を効果的に紹介して大きな反響を呼び起こした。

「レンタル電子にピッタリ」という評価とともにバンストーンカンパニーは公募展で1等となり、1億ウォンの賞金を手に入れた。多くの会社から技術購入要請が殺到した。そんな状況でハン社長は表情を固めた。ハンミョン電子のチャンイン事業部を買収するつもりだったGR側が、DSドクターの技術なしでは売却しないという意思を明かしたからだ。

やむをえずハン社長はバンソクにDSドクターの技術を10億ウォンで買うと提案した。しかしジャヨンは他の会社で20億ウォンで買うと提案したメッセージを見せて断った。するとハン社長は技術と権利を全てもらう条件で30億ウォンを提案した。

「企業部を売却しなければならないのに技術が必要なのか」と聞いていたバンソクは50億ウォンを提示した。チャンイン事業部の予想売却価が5000億ウォン以上のため、売却価の1%に当たる金額をもらいたいというのだ。そして「残っている人たちのために低くした金額」と強調した。断られても惜しみがないというバンソクの態度にハン社長は該当条件を受け入れた。

続いてその席に投資者の資格として登場したセグォンは、ハン社長に訴訟取り消しを要求した。セグォンは「僕にくれた3億ウォンをバンストーンに投資して優勝した。ありがとう」とハン社長を怒らせた。

バンソクは「今年のベンチャー人賞」を受賞し、ハンミョン電子最高のアウトフットとして生まれ変わった。ハンミョン電子はGRテクに売却され、ピョン・ドンイル(オ・ヨン)が新しいセンター長に就任した。従来のセンター長であるコン・ジョンピル(パク・ソングン)とチーム長のペン・スゴン(パク・ウォンサン)はバンストーンカンパニーに合流し、人生第2幕を始めた。ナリはイケメンクリエイターとして活躍しているセグォンとの結婚を約束した。

ジャヨンはバンストーンを最もホットなスタートアップにさせたという業界の評価を受けながら、最高条件でスカウト提案を受けた。このことに寂しさを示したバンソクはジャヨンにCEOの席を譲るとし「僕の体質には合わない。これからはタン専務が担当してほしい」と言った。「タン専務がいないといけない」という彼は新しい車までプレゼントしながらジャヨンを引き止めた。

代表の座も断って相変わらずチェ首席として働くバンソク。その姿を見たハンスは「仕事をするのがそんなに好きか。明日も、明後日も、長く会いましょう」と温かい目で彼を見つめ、バンソクは解雇の危機のない自身の会社で実力を繰り広げながらドラマの結末を知らせた。

記者 : キム・ウンジョン