「狂わなくては」チョン・ジェヨン&ムン・ソリ、新たな出発へ…痛快な展開に視聴者から反響

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「狂わなくては」放送画面キャプチャー
「狂わなくては」でチョン・ジェヨンの挑戦が深い感動を与えた。

25日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「狂わなくては」第15話で、ハン・セグォン(イ・サンヨプ)の計略によって“ホームトレーニング・ミラー”の開発に支障が出たチャンイン事業部の危機が描かれた。これまでの努力が水の泡になったチェ・バンソク(チョン・ジェヨン)は、チャンイン事業部を離れた。しかし終わりではなく、新たな始まりだった。「バンストーンカンパニー」の創業と共に新しい出発を告げたバンソクの痛快な活躍に、視聴者からは熱い応援の声が寄せられた。

この日、ハンミョン電子はホームトレーニング・ミラーの試作品の発表会を成功のうちに終えた。しかし、喜びもつかの間、危機が訪れた。ハンミョンA&Cの否定的なフィードバックを受け、開発が中断されたのだ。これはセグォンが持ち逃げしたホームトレーニング・ミラーのコア技術と人材をもとに、ハンミョンA&Cが独自開発しようという企みによるものだった。その後、セグォンの計画が明らかになり、チャンイン事業部は分裂し始めた。

ハン・スンギ社長(チョ・ボクレ)の怒りも爆発した。彼はハンミョンA&Cより早く量産品を作るように指示した。開発の過程上、少なくとも3ヶ月は必要だったが「とにかく2ヶ月以内に発売するように」というハン社長の圧迫は、バンソクを残念な思いにさせた。かつて苦楽を共にした昔の同僚に会ったバンソクは、現実的な悩みに直面して辞職を決心した。

センター長のコン・ジョンピル(パク・ソングン)は「今回のホームトレーニング・ミラーの発売まで耐えてみたらどうだ」と説得したが、バンソクの決心は揺るがなかった。「社会生活をしながらさまざまなことを経験したが、本気で辞めたいと思ったのは初めてだ」というバンソク。「もう自分のために生きたい」という彼の言葉には、意味深な決意が込められていた。そして、チャンイン事業部を離れたバンソクは、新たな挑戦に挑み「バンストーンカンパニー」を設立した。彼は自身の故障診断の技術から一歩進んで、機器の異常パターンを予測する“異常検知予測システム”を開発し、新たな跳躍を予感させた。

一方で、タン・ジャヨン(ムン・ソリ)は、ホームトレーニング・ミラーのプロジェクトがこじれて、ハンミョン電子に残った。ジャヨンとソ・ナリ(キム・ガウン)はホームトレーニング・ミラーの量産に向けて戦略的な関係を結んだ。そして、黙々と最善を尽くすジャヨンにスカウトの提案が入った。それはバンソクが設立した「バンストーンカンパニー」からの引き抜きだった。バンソクは、年俸や福利厚生は良くないが、技術だけは自信があるとして、ジャヨンに運営の総括を頼んだ。

スカウトの提案を受けたのは彼女だけではなかった。シン・ハンス(キム・ナムヒ)はバンソクの具体的な技術説明に将来価値があると判断し、同じ船に乗ろうと話した。こうして「バンストーンカンパニー」の第1号社員になったハンスとCOO(最高執行責任者)のポストを受け入れたジャヨン、そして商品企画チームのナリまで加わって、希望に満ちた将来に向けて第一歩を踏み出した。

人生の下り坂、度重なる危機の中でも、退くことなく新しい道を選択したバンソク。そして、彼の勇気ある挑戦に喜んで共にすることを決めたジャヨン、ハンス、ナリの意気投合は、感動を与えた。小さな会社だが、アップグレードされた“異常検知予測システム”を装着した「バンストーンカンパニー」と、技術を持ち逃げしてハンミョンA&Cの部長に転職したセグォン。再び彼らの対決が予告され、その結末に関心が集まっている。

記者 : ヨン・フィソン