「警察授業」B1A4 ジニョン、爽やかなビジュアルに視線釘付け…スチールカットで見せた多彩な表情

OSEN |

写真=ロゴスフィルム
B1A4 ジニョンが、前髪を下したヘアスタイルから額を出したヘアスタイルまで完璧にこなし、情熱と冷静さを兼ね備えたビジュアルで目を引いた。

9日の夜9時30分より韓国で放送がスタートする「警察授業」(脚本:ミン・ジョン、演出:ユ・グァンモ、制作:ロゴスフィルム)は、全力を尽くして犯人を捕まえる刑事と、賢い頭で全ての問題を解決する元ハッカーで犯罪者の学生が、警察学校で教授と生徒として出会い、協力して捜査を行うドタバタのキャンパス物語だ。

ジニョンは「警察授業」で、何事にも欲を出さなかった無味乾燥な19歳のカン・ソンホのストーリーを描く。カン・ソンホは、存在感もなく生きてきたが、オンラインの世界でハッカーとして注目を集めた人物だ。しかし、思いがけないきっかけにより警察を目指すことになった彼は、警察大学で会った犬猿の仲のメンター(良き指導者)ユ・ドンマン(チャ・テヒョン)と、淡い初恋の相手オ・ガンヒ(f(x) クリスタル)に出会い、同じ夢に向かって走っていく若者たちと一緒に血と汗、涙をいっぱい流しながら成長する様子を描く予定だ。

本日(4日)公開された写真でジニョンは、初々しさとカリスマ性を行き来するギャップのある雰囲気を醸し出している。短い前髪で制服を身にまとったジニョンは、未熟な少年らしさを見せると同時に、おぼろげな眼差しで人知れぬ本音を隠し、好奇心をくすぐる。

一方で、額を出して警察のユニフォームを身にまとっているジニョンは、がっしりとした雰囲気を漂わせる。無気力だった過去とは違って、生き生きとした彼の表情からは堂々としたエネルギーが垣間見える。果たして“無彩色”だったカン・ソンホが警察大学で会った人々と、時に笑って、時に泣いて、喧嘩し、どのように変わっていくのか楽しみだ。

「警察授業」を執筆した脚本家のミン・ジョンは「カン・ソンホが成長していく姿は、どこか胸がジーンとして、彼を応援したくなる。そしてソンホと共に成長する若者たち、大人たちの紆余曲折に満ちた話で、“誰でもミスしていい”というメッセージを伝えたかった。『警察授業』が大げさではなくても、視聴者の方々に小さな慰めを届けることができれば嬉しい」と伝えた。

ぴったりのビジュアルと限界のない魅力でお茶の間を魅了するジニョンの活躍は、KBS 2TV新月火ドラマ「警察授業」で確認することができる。「警察授業」は9日の夜9時30分に韓国で放送がスタートし、オンライン動画配信プラットフォームwavveを通じても視聴することができる。

記者 : チャン・ウヨン