チョ・ウジン&チ・チャンウク出演、映画「発信制限」スチールカットを公開…2人の共演に高まる期待

Newsen |

写真=CJ ENM
チョ・ウジンとチ・チャンウクが演技のシナジー(相乗公開)を見せつける。

映画「発信制限」(監督:キム・チャンジュ)は、銀行のセンター長“ソンギュ”(チョ・ウジン)が子供たちを登校させていた、通勤する朝、“車から降りる瞬間、爆弾が爆発する”という謎の発信番号の表示制限(非通知発信)電話を受けることで危機に陥る都心追撃スリラーだ。

チョ・ウジンとチ・チャンウクは、2011年にドラマ「武士ペク・ドンス」に出演したが、一緒に共演することはできず、名残惜しさを残していた。そして10年後の2021年、いよいよスクリーンを通して初めて出会い、演技のケミストリー(相手との相性)を披露することを予告した。

まず、チョ・ウジンは謎の発信番号の表示制限電話を受け、危機に落ちた銀行センター長“ソンギュ”役を演じ、繊細な感情の演技とスリル溢れるカーチェイスアクションを披露する。「チョ・ウジンと共演したくて『発信制限』に参加した」と明かしたチ・チャンウクは、「キャラクターのために最後まで集中する姿がすごかった。大変な撮影でも現場で一度も顔をしかめることなく、いつも配慮してくれた」とチョ・ウジンの高い集中力と演技力、そしてスタッフに気遣う配慮に感嘆したと伝えた。

チョ・ウジンもチ・チャンウクとの初共演が幸せだったという感想を明かした。彼は「正確に設計された演技を持つチ・チャンウクがいて幸せで、おかげで色々なことにトライできた」と伝え、2人の共演に対する関心を高めた。

同作品は韓国で6月に公開される予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ