チョ・ウジン&チ・チャンウク出演、映画「発信制限」キャラクターポスター第2弾を公開

OSEN |

完璧な演技ケミストリー(相手との相性)と痛快なカーチェイスで、今夏の劇場街を賑わす映画「発信制限」が、キャラクターポスター第2弾を公開した。

映画「発信制限」は、銀行のセンター長ソンギュ(チョ・ウジン)が子供たちを登校させていた朝の出勤途中、「車から降りる瞬間に爆弾が爆発する」という謎の発信番号の表示制限(非通知発信)電話を受けることで危機に陥る都心追撃スリラーだ。

この日公開されたキャラクターポスター第2弾には、謎の発信番号の表示制限電話を受け、平凡な日常が危機に陥ったソンギュ(チョ・ウジン)と、爆弾があると警告する謎の発信者ジヌ(チ・チャンウク)の新しい様子が収められており、目を引く。まず、忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞)を代表する演技派俳優のチョ・ウジンは深い感情演技で、謎の電話を受けて「自分の車に爆弾がある」ことを信じるようになったソンギュの困惑した様子を生々しく表現し、期待を集めている。

また、チ・チャンウクの強烈な眼差しも「車から降りると爆弾が爆発します」と警告するジヌの深いカリスマ性を演出。ここに、まるで観客に警告のメッセージを送信するような自動車の赤いライトが加わり、映画が与える圧倒的な緊張感をより高めた。

このように映画の爆発するような緊張感とスリルを期待させるキャラクターポスター第2弾を公開し、連日のように話題を集めている「発信制限」は、韓国で今月23日に公開される。

記者 : キム・ボラ