キム・ボラ、ホラー映画「怪奇マンション」にキャスティング…ソンジュンと共演

MYDAILY |

写真=mcmc、STUDIO SKY
キム・ボラがオムニバス形式のホラー映画「怪奇マンション」にキャステイングされた。

キム・ボラの所属事務所であるmcmcは本日(1日)、「キム・ボラが映画『怪奇マンション』で観客に会う予定だ。最近、ドラマとバラエティ番組などで見せた愛らしく溌剌とした姿とはまた違う新たな一面を披露する予定なので、多くの関心と愛情をお願いしたい」と明かした。

「怪奇マンション」は、ウェブ漫画作家のジウ(ソンジュン)が、クァンリムマンションを取材することから繰り広げられる、怪異でぞっとするリアルな恐怖を描いたオムニバス作品だ。5つの怪談エピソードで構成された今回の作品は、騒音トラブル、カビ、エレベーターなど、現代人が経験する日常的なテーマをもとに、密度のある恐怖感を与える。

劇中でキム・ボラは、主人公のジウを見守るダヘ役を務める。彼女は、ジウ役のソンジュンとクァンリムマンションの管理人役として活躍する予定のキム・ホンパと一緒に、劇の恐怖感を倍増させる予定だ。

キム・ボラは様々な作品で幅広い演技と没入度を高める安定した演技を披露してきた。彼女はドラマ「SKYキャッスル」でキム・ヘナ役を演じ、強烈な演技を披露して注目を集めた。その後、ドラマ「彼女の私生活」「タッチ~恋のメイクアップレッスン!~」「SF8」の3作目「宇宙飛行士チョアン」、ドラマスペシャル「泥棒寝」「Love Scene Number#」など、毎回新たな姿を披露して存在感をアピールしてきた。そのため、キム・ボラが今回の「怪奇マンション」でどのような姿を披露するのか、期待が高まっている。

キム・ボラを始め、ソンジュン、キム・ホンパなどが出演する「怪奇マンション」は、KTの「2021 サマードラマコラージュ」プロジェクトで制作されたホラードラマ「怪奇マンション」の劇場版だ。全8つのエピソードを5つに編集して特別に劇場で観ることができる今回の作品は、7月30日からolleh tv、Seezn、skylifeを通じて順次公開される予定だ。

記者 : ヤン・ユジン