キム・ドンジュン、新ドラマ「朝鮮駆魔師」にキャスティング…朝鮮版アイドルに変身

MYDAILY |

写真=MAJOR9
キム・ドンジュンが「朝鮮駆魔師」への出演を確定し、2021年も活発な活動を予告した。

6日、所属事務所MAJOR9は「キム・ドンジュンが最近、SBS新月火ドラマ『朝鮮駆魔師』への出演を確定し、現在撮影している」と伝えた。

「朝鮮駆魔師」は、人間の欲望を利用し、朝鮮を征服しようとする悪霊と、民を守るためこれに立ち向かう人間たちの血闘を描いたファンタジーアクション時代劇だ。「緑豆の花」「六龍が飛ぶ」など、大規模なアクション時代劇で優れた演出力を発揮したシン・ギョンス監督がメガホンを取って、韓国版エクソシズムファンタジー時代劇という新しいジャンルを開拓する。

キム・ドンジュンは劇中、彫刻のようなビジュアルの朝鮮版アイドルのビョリ役を演じる。サルパン(旅芸人の遊びの一種)の才能や剣術にも優れたビョリは、短気で意地っ張りだが、一度心を開けば、たくさん愛情を注ぐキャラクターだ。

昨年11月に放送終了となったJTBC金土ドラマ「場合の数」で、優しい男オン・ジュンス役を演じて“メロチートキー(万能)”としての魅力を披露したキム・ドンジュンは、今回にはファンタジーアクション時代劇を通じて一風変わったキャラクターに挑戦、これまで見たことがないギャップのある魅力で視聴者の心を捉えることが期待される。

また、彼は今月韓国で公開される予定の映画「簡易駅」で、記憶を失っていく男スンヒョン役を演じて胸の温かい感性ロマンスを披露する。

キム・ドンジュンが出演する「朝鮮駆魔師」は、韓国で2021年3月に初放送される予定だ。

記者 : ホ・ソルヒ