シン・ミナ&キム・ソノ、新ドラマ「ホン班長」出演を“前向きに検討中”

Newsen |

シン・ミナとキム・ソンホが、tvNの新ドラマへの出演を検討している。

スタジオドラゴンは21日、Newsenに「シン・ミナとキム・ソノが、新ドラマ『ホン班長』への出演を前向きに検討している」と明かした。

またキム・ソンホが所属しているS.A.L.Tエンターテインメントも12月21日、Newsenに「キム・ソンホが新しいドラマ『ホン班長』出演を前向きに検討している」と明かした。

「ホン班長」は、2004年3月に韓国で公開されたオム・ジョンファ、故キム・ジュヒョクさん主演の映画「どこかでも誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン」のリメイク作だ。tvNでの編成を議論している作品でもある。

キム・ソノは12月6日に韓国で放送終了となったtvNの土日ドラマ「スタートアップ」で投資家のハン・ジピョン役で熱演を披露し、人気を博した。

記者 : ファン・ヘジン