Wanna One出身ライ・グァンリン、スタッフと同棲?私生活に関するデマの拡散に法的対応を予告

Newsen |

写真=Newsen DB
Wanna One出身のライ・グァンリンの私生活に関する暴露が相次ぎ、法律代理人が法的対応を示唆した。

11月26日、ライ・グァンリンの弁護を務めるチョンサンローファームは、声明文を通じて「最近、Weibo、Douban(豆瓣)などのプラットフォームを利用して、依頼人(ライ・グァンリン)に対する多数の虚偽の情報が流布された。ライ・グァンリンに対する虚偽の情報を公開、拡散、非難し、ネット世論を誤った方向に導き、被害を与え、誤解や否定的な評価を招き、権益を深刻に侵害した状況を発見した」と明かした。

また「『恋愛中で、工作室を一緒に運営している』『ファンたちにプレゼントを要求している』『スタッフに対する態度が悪い』『ファンに悪口』『ファンからのプレゼントを友達にあげる』『スタッフと同棲』『キスマーク』『新しいドラマと番組から退出』など、非現実的な内容を収めたネットユーザーの権益侵害行為について、証拠を収集した」と説明した。

法律事務所は「今後、(ライ・グァンリンの)依頼によって司法手続きを実施し、悪意を持って権利を侵害した者に法的責任を追及する。勝手に歪曲、または推測はしてはならない。合法的な境界を越えてはならず、悪質なデマを流して依頼人を傷つけてはならない」とつけ加えた。

これに先立って、ライ・グァンリンのスタッフだと主張するネットユーザーA氏が、SNSで「撮影日に体全体にキスマークがあり、タートルネックを着なければならなかった」「実力がないのに、自身がトップスターだと思っている」などの文章を相次いで公開した。現在、これらの書き込みは削除された状態だが、SNSやオンラインコミュニティなどでは急速に広がっている。

最近、ライ・グァンリンは路上で喫煙し、唾を吐く様子がSNSで拡散され、謝罪したのに続いて、熱愛説まで浮上し、2回に渡って謝罪した。

・Wanna One出身ライ・グァンリン、路上喫煙と唾を吐く様子が拡散…SNSで謝罪「間違った行動だった」

・Wanna One出身ライ・グァンリン、熱愛説が浮上も…直筆の謝罪文で否定「嬉しいニュースがあれば真っ先に報告する」

記者 : ソク・ジェヒョン