劇場版「鬼滅の刃:無限列車編」が早くも12月に韓国で公開決定!日本を越えヒットなるか…メインポスター解禁

MYDAILY |

写真=ウォーターホール・カンパニー
全世界の累積発行部数が1億部を突破した人気漫画「鬼滅の刃」の最近公開された劇場版「鬼滅の刃:無限列車編」が、12月に韓国での公開が決定し、メインポスターが公開された。

「鬼滅の刃:無限列車編」は、吾峠呼世晴によるコミックを基にしたTVアニメシリーズ「鬼滅の刃」の劇場版。アニメ最終話に続く舞台となる無限列車で繰り広げられる炭治郎やその仲間たちと鬼の攻防戦を描く。何よりも劇場版にふさわしく、新たに登場するキャラクターたちのアップグレードされた派手なバトルアクションを優れた演出で表現して注目を集めている。

漫画「鬼滅の刃」は11年間、日本の漫画の販売部数1位だった「ワンピース」を抑え、販売部数1位を記録しただけでなく、厚いファン層を確保している「ドラゴンボール」「スラムダンク」「ワンピース」「NARUTO -ナルト-」「ブリーチ」などの作品とともに、1億部台を突破した話題作だ。日本では劇場公開から3日で342万人を動員し、興行収入が約46億円という圧倒的な新記録で、シンドローム級の大ヒットを巻き起こしている。

劇場版を観た日本の観客たちは「歴代級の作品。3DやCGがこんなに自然なんて」「笑いと感動と涙、そしてアクションまで何一つ欠かせない」「本当におすすめ。映画を観て泣いたのは初めて」などのレビューを通じて、しっかりとしたストーリーとクオリティの高い演出、作画に熱烈な反応を示しているだけに、韓国での公開にも多くの関心が集まっている。

12月に韓国封切りのニュースとともに公開された「鬼滅の刃:無限列車編」のメインポスターは、観客の期待にふさわしく、目を引くビジュアルになっており、暗闇の中を走る無限列車の上での激しいアクションシーンやキャッチコピーが興味深いストーリーを予告する。

「鬼滅の刃:無限列車編」は12月に韓国で公開される。

記者 : キム・ナラ