放送開始「火の鳥2020」ホン・スア&イ・ジェウ&ソ・ハジュン、絡み合った愛の始まり

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS放送画面キャプチャー
「火の鳥2020」のホン・スアがイ・ジェウに会った。

26日に韓国で初放送されたSBS新毎日ドラマ「火の鳥2020」でイ・ジウン(ホン・スア)は、雨の日に出勤した。

雨がたくさん降るとイ・ジウンは、道路の上に傘がない子供たちを見て心配した。偶然、同じタイミングでコンビニを訪問したチャン・ジェフン(イ・ジェウ)は、イ・ジウンが子供たちを心配する声を聞いた。

チャン・ジェフンは、自身の丈夫な傘の代わりにイ・ジウンの壊れた傘をわざと持ってコンビニを離れた。そのおかげでイ・ジウンは子供たちに自分の傘を渡すことができた。チャン・ジェフンはそんなイ・ジウンを、好感を持って見つめた。

そんな中、イ・ジウンは政略結婚を控えていた。自分と家の成功のために、双子で、承継の順番1位であるソリン毛織のソ・ジョンイン(ソ・ハジュン)と結婚をすることになったのだ。イ・ジウンはソ・ジョンインに会いに行く途中、交通事故に遭ったが、その相手はチャン・ジェフンだった。これを通じて2人はお互いの顔を知ったが、性格が合わなく喧嘩をした。

その後イ・ジウンはソ・ジョンインに会ったが、ソ・ジョンインは「愛する人がいる」と告白した。これにイ・ジウンは「その人のためにも、この結婚を破棄して」と先に提案した。

友人たちと集まった場でイ・ジウンはまたチャン・ジェフンと再会した。イ・ジウンはチャン・ジェフンに好感を示したが、チャン・ジェフンは財閥であるイ・ジウンに冷たい態度を見せた。しかしイ・ジウンは諦めずに、チャン・ジェフンにキスした。

記者 : ミョン・ヒスク