ソン・セビョク&ユソン主演、映画「真犯人」11月27日より日本公開が決定!ポスター&予告編を解禁

KSTYLE |

(C) 2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
「プチョン国際ファンタスティック映画祭」で観客賞を受賞した極上のミステリー「真犯人」が、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ 2020」内にて11月27日(金)より1週間限定で、東京・ヒューマントラストシネ渋谷にて公開されることが決定した。

ある不可解な殺人事件をきっかけに運命を狂わされてゆく男女の姿を描き「殺人事件の犯人は誰なのか」というシンプルな導入ながら、登場人物すべてが疑わしく、最後まで先の読めないミステリーとして多くの観客の心を掴む。

(C) 2019 LITTLEBIG PICTURES & GOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
また、アジアのジャンル映画の祭典として近年熱い注目を浴びる「プチョン国際ファンタスティック映画祭」において観客賞を受賞、韓国興行収入ランキング2週連続トップ10入りのスマッシュヒットを記録した本作。監督・脚本を務めたコ・ジョンウクは長編初監督作品ながら、一躍次回作が期待される若手の仲間入りを果たした。

主演を努めたのは「花、香る歌」「七年の夜」などで、印象的な役柄を演じてきた実力派俳優ソン・セビョクと、「幼い依頼人」「「クリミナル・マインド:KOREA」など、映画ドラマと幅広く活躍する女優ユソン。さらには大ヒットドラマ「ミセン-未生-」「キルミー・ヒールミー」などで知られるオ・ミンソク、「雲が描いた月明かり」のハン・スヨンら、若き才能を信じて集結した豪華演技派のキャスト陣が物語に圧倒的な説得力をもたせている。



■映画情報
映画「真犯人」
11月27日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷「ワールド・エクストリーム・シネマ 2020」にて公開

監督・脚本:コ・ジョンウク
撮影:キム・ドンチョン「私は王である!」

【出演】
ソン・セビョク「花、香る歌」
ユソン「幼い依頼人」
オ・ミンソク「ミセン-未生-」
ハン・スヨン「雲が描いた月明かり」

2019 / 韓国 / 5.1ch / 100分 / 字幕翻訳:只腰敦子 / 原題:진범(英題:THE CULPRIT)
レイティング:G
配給:クロックワークス

<あらすじ>
ある夜、ヨンフンの妻のユジュンが何者かに殺害される。やがて容疑者として逮捕されたのは彼の親友ジュンソンだった。2人は不倫関係にあったという。事件から半年が経ち、廃人同然の生活をおくるヨンフンのもとをジュンソンの妻が訪ねてくる。「夫の無実を証明したい。彼がそんなことをする人間じゃないことはあなたが一番良く知っているはずだ。」そう言ってすがる彼女を疎ましく思いながらも、ヨンフンはわずかに心を動かされる。2人は本当に不倫関係にあったのか? ジュンソンは今も犯行を否認し続けている。全てを懸けて真実を明らかにする決意をしたヨンフンは、ある男にたどり着く。だが裁判はまもなく終わろうとしている。焦るヨンフンは、彼を拉致し、拷問を始める。苦痛にゆがむ男の口から語られたのは思いも寄らない「真実」だった。果たしてその言葉を信じるべきか?ヨンフンは思わぬ藪の中に迷い込んでゆく。

記者 : Kstyle編集部