BTS(防弾少年団)の物語を描く新ドラマ…俳優ソ・ジフンが主演に抜擢?出演報道に“確認が難しい”

Newsen |

写真=Newsen DB
俳優のソ・ジフンがBTS(防弾少年団)の話を描くドラマの主演に抜擢されたという報道について、事務所がコメントした。

所属事務所は24日、ソ・ジフンが新ドラマ「青空」に出演するという報道について「確認が難しい。次回作はまだ何も決まっていない」と明かした。

ドラマの制作会社チョロクベムメディアは最近、主演・助演のオーディションを行い、キャスティングを確定したと知られたが、キャストや制作陣、撮影、編成などの詳細は公開せず、ドラマ制作の準備を進めている。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、早期に撮影を開始することは難しい状況だという。

これに先立って、BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメントは会社説明会を通じて、BTSの話を描く同ドラマの制作を発表。パン・シヒョク代表はこの説明会で「Big Hitエンターテインメントの革新のためのブランドIP(Intellecual Property、知的財産権)、ストーリーテリングIP事業の一環として、ドラマ制作会社とタッグを組み、BTSに関するドラマを制作する」と説明した。

またドラマの構成について「BTSの世界観で7人の少年が初めて出会った時の話を描く予定だ」とし「彼らの幼い頃の話を描くため、メンバーは出演せず、代役として出演する俳優たちがBTSの幼少期を演じる」と付け加えた。

・BTS(防弾少年団)、7人の出会い描くドラマを制作中?出演者のオーディション開始の報道も

・ソ・ジフン、デビュー作「シグナル」に言及“初めての撮影でバタバタも…演出のおかげで注目された”

記者 : ファン・ヘジン