チェ・ガンヒ&イ・サンヨプ出演「グッド・キャスティング」視聴率8.1%で月火ドラマ1位をキープ

Newsen |

写真=SBS
「グッド・キャスティング」の視聴率が下がった。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、本日(15日)に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「グッド・キャスティング」第15話の1&2部は6.6%、8.1%を記録した。

これは第14話の6.7%、8.5%に比べて小幅下落したものである。月火ドラマ1位をキープしたものの、同時間帯に放送されたKBS 2TV月火ドラマ最終回でも視聴率は足踏み状態だ。

午後9時に放送されたMBC月火ドラマ「一緒に夕飯食べませんか?」第13&14話は3%、3.7%で、視聴率下落が続いた。JTBC月火ドラマ「夜食男女」第7話も、全国有料放送世帯基準視聴率0.618%で0%代の視聴率となった。

KBS 2TVの場合、月火ドラマの代わりに編成した6.15韓国&北朝鮮共同宣言特選アンコール「オクラン麺屋」が3.2%を記録し「Born Again」よりも高い視聴率を記録した。

記者 : イ・ミンジ