「家族です」キム・ジソク、ハン・イェリの本音を見抜く

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「家族です」キャプチャー
キム・ジソクがハン・イェリの本音を見抜いた。

韓国で8日に放送されたtvN月火ドラマ「 (知っていることはあまりないけれど)家族です」(演出:クォン・ヨンイル、脚本:キム・ウンジョン)ではキム・ウニ(ハン・イェリ)、パク・チャンヒョク(キム・ジソク)がイム・ゴンジュ(シン・ドンウク)と出会うシーンが描かれた。

パク・チャンヒョクは、キム・ウニと昼食を食べるために会社の前に来たが、イム・ゴンジュをはじめ、キム・ウニの会社の人たちと出会った。イム・ゴンジュと名刺を交換したパク・チャンヒョクは、キム・ウニと一晩過ごした人がイム・ゴンジュであることに気付いた。キム・ウニは、パク・チャンヒョクに色目を使うソ・ギョンオク(カ・ドゥヒ)に「チャンヒョクのそばには、若くて綺麗で賢い職員がいる」と言った。

会社の人たちが帰ると、パク・チャンヒョクはキム・ウニに「だから現場での学習が重要だ」とし「あなたはゴンジュさんのことが好きなんだ。僕と誤解が生じないように遮断するのを見たから」と話した。その時、イム・ゴンジュの婚約者はゴンジュの家の中をうろうろしていた。

記者 : チェ・スンへ